とどまることを知らない新型コロナウイルスの感染拡大。テレワークの普及、オンラインビジネスの発展や東京近隣県への移住者の増加など、これまでの常識が大きく覆された。

そこで、「地域づくり・人づくり・組織づくり」を手がけるコンサルティング企業「かいはつマネジメント・コンサルティング」と、人と自然の共生を目指す一般社団法人 森と未来は、林野庁事業「令和2年度 つたえる、感じる、つながる、森林×SDGs プロジェクト事業」の一環として、森林空間の価値と可能性を見出す探求ツアーを実施。東京とは思えぬ豊かな自然に恵まれた西多摩郡・奥多摩町を舞台に、これからの働き方、ライフスタイル、ビジネスを通じ、ポストコロナ時代における在り方を見つめ直す貴重な時間となった。

参加したのは、持続可能な未来に向け、さまざまな分野で活躍する5名のリーダー

左から順に

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長

島田由香さん
働く場所や時間を社員が自由に選べる人事制度「WAA(Work from Anywhere and Anytime)」やワーケーションを推進。林野庁「森林サービス産業」検討委員。

FRaU編集長兼プロデューサー 関龍彦
2018年に女性誌としてはおそらく世界初となる「1冊まるごとSDGs特集」を刊行。メディアの“伝える力”を通じたSDGs推進に取り組んでいる。

株式会社SANU 創設者、ブランドディレクター本間貴裕さん
自然と共にある生活“Live with Nature”を提案するライフスタイルブランド「SANU」を展開。都市住民向けにセカンドハウスのサブスクリプション型事業を行う。

NPO法人ミラツク 代表理事、国立研究開発法人理化学研究所 未来戦略室

イノベーションデザイナー 西村勇哉さん

セクター、職種、領域を超えたイノベーションプラットフォームの構築と、大手企業の未来構想の設計・開発、事業創出支援に取り組む。京都を拠点に、10年に渡り多拠点分散型の100%リモートで働く組織を運営。

株式会社ダンクソフト 企画チーム ダイバーシティ推進マネージャー

中香織さん

「デジタルで人を幸せに」を掲げるIT企業「ダンクソフト」で初めて育児休業を取得。実体験から社内の規定類の整備や申請方法の見直しなど、社員が働きやすい環境整備に取り組んでいる。

舞台となった奥多摩町は、東京都の最北西端に位置し、全域が秩父多摩甲斐国立公園に含まれている。東京都の10分の1に当たる225.53平方キロメートルという広大な面積を有し、大部分は山岳によって隔てられ、まちの中心を多摩川が西から東へと貫流。都心から電車で約1時間半、雄大な自然を感じられるお出かけスポットとして親しまれている。