12月14日Googleシステム障害、思い知らされた巨大ITの力

あまりにも依存しているがゆえに

12月14日に起こったGoogle のシステム障害で、「仕事ができなくなる!」と動転した。いかにGoogle に依存しているかを思い知らされた。世界中で何億もの人が、私と同じように慌てふためいたろう。これを考えても、米司法省の独禁法提訴が無意味であることが分かる。

では、巨大IT企業の問題とは、いったい何なのか?

Gメールが突然使えなくなった!

12月14日の21時頃、Googleにシステム障害が発生した。

私の場合は、まずGoogle ドキュメント。PCで作業したテキストを保存しようとしたところ、「一時的に利用できません」の表示。

images by Gettyimages

暫くしてトライしても、何度も同じ表示が続く。そこで、PCのデータをGメール で送ろうとしたら、これも使えない。スマートフォンでも、Gメールが使えない。

問題は、これが私だけの障害かどうかだ。

サービスが正常に提供されているかどうかを調べるページ(Google Workspace ステータス ダッシュボード)でチェックしたところ、Google ドキュメント 、Gメール を始めとして、すべてのサービスが「正常」という緑マークになっていた。

では、Google 側のシステム障害ではない。つまり、私だけの問題だ。ここで動転した。息が荒くなってくる。

Gメールが使えないのは、外界との連絡を断たれてしまうようなもの。いや、それよりもっと悪い。なぜなら、Google の問題なら、他の人も私にメールを送れない。しかし、私だけの障害なら、他の人は私に送信してくる。それを、私が見ることができない。「連絡をしたのに何の返事もない」ということになってしまう。 

そこでGoogle アカウントにログインしたら、入力した私のIDは「見当たりません」という表示。 

ここでパニックになってしまった。

最悪の場合、GメールやGoogleドキュメントが暫く使えないかもしれない。mapやYouTubeや検索などであれば、Googleに情報を預けているわけではないから、サービスが止まっても不便なだけで、被害はない。

 

しかし、メールには情報を預けている。GoogleドキュメントやGoogleドライブもそうだ。そこに入れてある膨大なデータを失ったかもしれない。

一体どうしたらよいのだろう。悪夢 を見ているような気持ち。どんなにGoogleに依存しているかを、とことん思い知らされた。

関連記事