腸内環境を改善し、免疫力を増強! さらに、便秘やメタボにも有効で自律神経のバランスまで整えてくれる「麹」。麹菌は毒性を持たないカビであり、それを使って造った種麹を使い、発酵というプロセスを経て造られた食べ物には、糖、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、人間にとって欠かせない栄養がぎっしり詰まっています。

その麹を利用した食べ物には、驚くほどたくさんの健康によい働きがあるということが研究で明らかになっています。そんな働きのなかから、健康・美容に関する意外な効果を紹介します。体にいいとは知っていたけれど、こんなことにも効果があるなんて!と驚くはず。

100年以上にわたり、麴と向き合ってきた麹屋の親子、農学博士の父・山元正博さんと、医学博士の息子・文晴さんの共著『麹親子の発酵はすごい!』(ポプラ社)より、内容を一部抜粋してご紹介します。

山元正博(やまもと・まさひろ)
農学博士。(株)源麹研究所会長。鹿児島県で100年続く麹屋の3代目として生まれる。東京大学農学部から、同大学院修士課程(農学部応用微生物研究所)修了。卒業後、(株)河内源一郎商店に入社。1990年に観光工場焼酎公園「GEN」を開設。チェコのビールを学び、1995年に誕生させた「霧島高原ビール」は、クラフトビールブームの先駆けに。1999年「源麹研究所」を設立。食品としてだけでなく、麹を利用した食品残渣の飼料化や畜産に及ぼす効果などの研究を続け、環境大臣賞も受賞している。
山元文晴(やまもと・ぶんせい)
医師。山元正博を父に持つ、 鹿児島の麹屋の4代目。東京慈恵会医科大学医学部卒業。独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センターで臨床研修医として、鹿児島大学医学部外科学第二講座では心臓血管外科、消化器外科を専門として従事する。医師として患者さんに向き合う中で医療における麹の可能性に気づき、故郷に戻り錦灘酒造株式会社に入社。その後、東海大学大学院医学研究科先端医科学専攻博士課程を修了、医学博士号を取得し、現在に至る。麹が体に及ぼす働きの臨床例を増やすため、研究中。

-AD-

麹の驚くべき効果【1】
「妊活」のサポートになる!?

麹で妊娠しやすくなる、というと、「またそんな大げさなことを言うな」と怒られそうですが、事実なのです。これは笑い話でもありますが、霧島市のハローワークでは、「源麹研究所か河内菌本舗に入社すると、子供が生まれる」という噂がまことしやかにささやかれています(笑)。 我が社では社員にはみな、麹のドリンクやサプリメントを常時飲ませています。

以前入社してきた30代後半の女性が、「私、この会社に入ると妊娠するって聞いてきたんです」なんて言うのです。その時は「いや、そんなこと保証していませんよ」と返したのですが、しばらくしてある朝出社すると、私の机の上に手紙が置いてあり、「おかげさまで命をいただきました。ありがとうございます」と書いてありました。めでたく目的を達成し、辞めてしまったんですね(笑)。

写真はイメージです。Photo by iStock

また、とある男性で不妊治療をされていた方が私に会いに来ました。そして白麹の成分を摂るようにしてもらったところ、1か月後にお礼が来ました。 その方は以前の検査結果では精子数が8千だったのですが、白麹の成分を摂り始めた後で調べたら、なんと3億に増えていたそうです。また精子の活性率も、以前は8%しかなかったけれど、それが80%に上がっていたそうです。これは私も驚きの結果でした。この方の話はたくさんある中の一例で、我が社には「おかげさまで妊娠しました」というようなお礼状がたくさんあります。

麹が妊娠のプロセスに直接関与するわけではないとしても、精子数が増えたり活性率が上がることを考えると、何かしらホルモンバランスを正常に整えたり、精子や卵子を元気にすることに貢献しているのではないかと思います。ともあれ、大変で長期間にわたることの多い不妊治療に悩んでいる方は、白麹を摂ることを選択肢に加えてみていただきたいと思います。