スタジオジブリ公式サイトより

ナウシカが、シータ・千尋・キキと「決定的に違っている」点

孤高すぎる、彼女のキャラクター

30年経っても、特異なキャラ

12月25日、金曜ロードショーで約2年ぶりに長編劇場用アニメーション映画『風の谷のナウシカ』(宮崎駿監督)が放送される。劇場公開から30年以上経つにもかかわらずいまだ根強い人気を誇る作品で、特に主人公のナウシカは、宮崎駿が創造した中でも圧倒的なインパクトのあるキャラクターだ。

ナウシカとキツネリスのテト[スタジオジブリ公式サイトより]
 

しかし彼女は、ジブリ作品の他の女性キャラクターとも、また当時の他の映画の女性登場人物とも決定的に異なっているのだ。そんな彼女の特異な点について、考えてみたい。

『風の谷のナウシカ』が最初に劇場公開された1984年当時、「戦う女性ヒーロー」の登場するフィクションは、世界的に主流になりつつあった。

1970年代には、女性専用の刑務所や強制収容所を舞台とする「女囚もの」、自分に屈辱を与えた男性に復讐する「レイプ-復讐もの」や、殺人鬼の襲撃から生き延びたヒロインが最後に反撃するホラーのサブジャンルの「スラッシャー」、日本では「女侠客もの」や「女番長(スケバン)もの」等々、女性が激しいアクションを演じる映画は、すでに量産されていた。

しかし、1970年代以前は、エロ・グロ・暴力描写の過激さが呼び物の、いわゆる「エクスプロイテーション」系映画を主戦場としていた「戦う女性」キャラクターは、1980年代にはより幅広い観客層を対象とするメインストリームの大作へと活躍の場を広げ、いわば「大衆化」していった。

編集部からのお知らせ!

関連記事