photo by gettyimages

人気ゲーム「サイバーパンク2077」の返金騒動の裏にある「プレステ4限界説」を問う

「幻滅した」との声続出だが

発売直後からバグやクラッシュ続出

12月10日に発売されたPC、PS4、XBOX ONE用のオープンワールドゲーム「サイバーパンク2077」。このソフトが発売直後からバグやクラッシュの報告が大量にあがり、PlayStation storeからの削除や、購入者に対する返金などの騒動を巻き起こしている。

いったいどうして、このような事になってしまったのだろうか?

「サイバーパンク2077」は近未来を舞台にしたオープンワールドゲームである。「ウィッチャー3」を手がけた開発会社による作品ということで、非常に注目されていた。
「ウィッチャー3」とはファンタジーを小説を原作として作られたオープンワールドRPGであり、「TheThe Game Awards 2015」にて「GAME OF THE YEAR」に輝くなど、様々な賞を受賞し、2015年を代表する作品と評された。

photo by gettyimages

ウィッチャー3は僕もプレイしたが、遊びやすい上にストーリー性も高く、今からでもオープンワールドへの入り口としておすすめできるゲームである。

その制作会社がウィッチャーシリーズから脱却し、新たなプロジェクトとしてスタートしたのが「サイバーパンク2077」だ。当然、世界中のゲームファンから期待が集まっており、事前予約の段階で800万本を売り上げていた。

しかし、フタを開けてみると、主にPS4やXBOX ONEといった家庭用ゲーム機のユーザーからバグやクラッシュの報告が多数上がり、また動いていてもフレームレートが著しく低下してカクカクになるなど、多くの問題が指摘された。

 

YouTubeの動画などでも、高速で移動した際の描写の遅れや、建物などを突き抜けてしまう様子が多数投稿されている。

不具合に対する不満の声があまりにも大きかったことから、PlayStation Storeからの削除や返金という騒ぎになったのである。