# エンタメ # M-1 # マヂカルラブリー

M-1グランプリ、午後8時40分に起きた「革命」に気づいていますか?

そのとき、もう引き返せなくなった
堀井 憲一郎 プロフィール

いつ、何が起きたか

「M−1グランプリ2020」の中継はテレビ朝日系で行われ、去年の優勝ミルクボーイがリムジンに乗ってる姿から始まった。それが午後6時34分である。

年に一度のイベントの中継なので、コマーシャルがたくさん入り、なかなか始まらない。

司会の今田耕司と上戸彩が紹介されたのが22分経ってからの6時56分。

審査員7人の紹介が終わったのが、午後7時をまわって7時02分。

最初の「インディアンス」の漫才が始まったのは7時23分だった。番組が始まってから50分近く経っていた。

 

まあ、これは毎年のことなので、見てるほうも慣れている。最初からそれほど本気では見ていない。審査員が紹介され始めて、こちらもやっと真剣に見始めるくらいである。

2番手の「東京ホテイソン」の漫才が始まったのは午後7時36分。

以下、それぞれの漫才の開始時刻を並べるてみる。

3番手「ニューヨーク」午後7時47分。
4番手「見取り図」午後8時01分。
5番手「おいでやすこが」午後8時14分。
6番手「マヂカルラブリー」午後8時31分。
7番手「オズワルド」午後8時42分。
8番手「アキナ」午後8時57分。
9番手「錦鯉」午後9時09分。
10番手「ウエストランド」午後9時24分。

最後の「ウエストランド」の漫才が終わったのは午後9時28分である。

最初の「インディアンス」の開始から2時間04分後であった。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/