小島慶子、小林麻耶、宇垣美里…元TBS女子アナ「こじらせの系譜」

“田中みな実”になれなかった理由

フリー女子アナたちのこじらせぶり

田中みな実が「今年の顔」(日経トレンディ)に選ばれた。TBSの女子アナからフリーになり、2年前から女優にも挑戦。過去にはぶりっこキャラへのバッシングやオリエンタルラジオ・藤森慎吾との破局など、いろいろあったが、大成功をおさめている。

しかし、彼女のようなケースはめったにない。最近はむしろ、フリー女子アナのこじらせぶりが目立つのだ。

11月には、小林麻耶が曜日レギュラーを務めていた「グッとラック!」(TBS系)を降板。ロケ企画のドタキャンでクビにされたようだが、彼女はスタッフによるいじめがあったと主張し、番組側はそれを否定した。

オフィシャルブログのスクショ
 

その直後、所属事務所も「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」として彼女の契約を解除。その背景に、彼女が夫による「洗脳」状態にあることや、その夫が仕事現場にも介入していたことが報じられた。

そんな迷走は、10月あたりから始まっていた。別の曜日のレギュラーでもあるひろゆきを批判するうち、途中で「私、何が言いたかったんでしたっけ?」と我を忘れたり、MCの立川志らくに向かって涙ながらに反論したり。彼女は興奮するとすぐ、泣きそうになるのだ。

カンニング竹山のキレ芸みたいに、“泣き芸”でも始めるつもりならまだしも、いたって本気だから、正直、これはきついと感じたものだ。

かと思えば、“怒り芸”でひんしゅくを買った人もいる。小島慶子だ。