# マンガ

元乃木坂46・西野七瀬「好きすぎて…こんな同級生がいたら!」…人気漫画家・田島列島と語りつくした「創作秘話」「原動力」「好きなこと」

元乃木坂46の西野七瀬が「この日が待ち遠しかった」と待ち焦がれた対談が実現した。対談相手は、マンガ家の田島列島。かねてより「田島ファン」を公言してきた西野は、田島との初対談で何を語るのか――。田島作品やこれまでのマンガ遍歴など、マンガについて熱量高めに語り尽くした!

 

西野七瀬が「とにかく読んで!」と

——西野さんは田島先生の前連載作『子供はわかってあげない』が刊行された頃(2014年9月)から各メディアや媒体でファンを公言されてきました。どのような経緯で本作を知りましたか?

西野 人からオススメされて単行本を読んだのが最初で、読んだら「好きすぎる……!」と思いました。まだグループ(乃木坂46)で活動しているときだったので、ほかのメンバーにも「とにかく読んで!」って上下巻を渡してオススメしまくってました。

田島 私は「西野さんがメルマガなどで紹介してくれてますよ」と担当編集から聞かされたときに、本当に申し訳ないんですけど、顔の見分けがついていなくて……。

西野 申し訳ないだなんて、そんな、全然大丈夫ですよ。

田島 でも「週刊少年マガジン」のグラビアを部屋の壁に貼って西野さんの顔を覚えたら、ほかの方たちも見分けられるようになりました。

西野 そんなことまでしていただいて……。

——『子供はわかってあげない』の魅力は、どういったところだと西野さんはお感じですか?

西野 絵柄はほわほわとした和み系ですが、お話のテーマ的にはシリアスで重いところがあります。表紙を見たときには内容の想像がつかなかったので、そのギャップが「めちゃいいなぁ」って思いました。

田島 ありがとうございます。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/