2020.12.23
# がん

増加中の大腸がん予防に効くスーパーフードを、がん専門医が発見

甘酒に小さじ1杯のある物を入れるだけ
南雲 吉則 プロフィール

最高の腸活! 甘酒酵素水の作り方

「甘酒酵素水」は自宅でかんたんに作ることができます。発酵は温度管理が大切です。夏ならば室温でも作ることができますが、一年を通して安定した発酵をさせるために、ここではヨーグルトメーカーを使用した方法を解説します。

 

1米を炊く:2合の米を炊飯器で炊く。雑穀玄米なら、さらに完全栄養・高ポリフェノールのおいしい甘酒酵素水を作ることができる。

2麹と混ぜる:炊いた米または雑穀玄米に、米麹200グラムと水1リットルを加えてミキサーでドロドロに粉砕する。

3甘酒を作る:2をヨーグルトメーカーに入れ、50度8時間以上ねかせる。甘い味がしたら甘酒の完成。

4甘酒酵素水を作る:3の甘酒に乳酸菌約3グラムを入れヨーグルトメーカーで、37度で半日以上ねかせる。甘味がなくなったら清潔なペットボトルに入れ、蓋をして冷蔵庫で保存。

簡易法としては、炊いた雑穀玄米と米麹と乳酸菌と水をミキサーで粉砕し、ヨーグルトメーカーに入れ37度で半日から1日ねかせてもできます。これを「並行複発酵(へいこうふくはっこう)」といいます。市販の甘酒容器に乳酸菌を入れてもできます。

関連記事