年間1000食以上!カップ麺マニアが教える「セブンイレブンPBカップ麺」ベスト5

言わずと知れた「セブンプレミアム」

プライベートブランド(PB)とは、既存のナショナルブランド(NB)商品をモデルに開発された廉価版で圧倒的に値段が安い一方、品質については妥協しなければいけなかったのが従来の印象でした。

しかし、2007年(平成19年)5月に発売されるや否や、ことごとく既存の常識を打ち破り、ネガティブなイメージを根底からひっくり返したのが「セブン&アイグループ」のプライベートブランド「セブンプレミアム」です。

コスト削減=低価格を最優先項目としていた従来のPB商品と差別化を図るべく、大手NBメーカーと協力し、あえて生産者(製造元)のメーカー名を商品に明記することでクオリティの高さと安全性を消費者に伝えるなど、当時では考えられないようなコンセプトを実現。

2008年には日本経済新聞「日経優秀製品・サービス賞」の “最優秀賞” に選出され、社会的な評価を得るとともにPBの在り方を覆しました。

飲料・酒、菓子、デザート・アイス、乾物、調味料、乳製品、チルド惣菜、冷凍食品、生鮮、住居雑貨、衣料品など、さまざまなジャンルの商品を展開している「セブンプレミアム」ですが、即席カップめん類にも力を入れている2020年12月現在——。

その中でもCVS(コンビニエンスストア)専用のセブン-イレブン限定商品とは別に、総合スーパー(イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート)専用のカップ麺も展開しているのですが、本稿ではコンビニのセブン-イレブンで販売されている縦型・標準サイズのカップ麺に絞り、コストパフォーマンスに優れた商品のトップ5を選定しました。

※セブン-イレブンのカップラーメンは地域性が激しく、一部の地域でしか手に入らないエリア限定商品が多数存在し、なおかつ順次リニューアル中の商品も多いため、2020年12月20日時点におけるリニューアル後の商品から選出します(有名店監修商品は除く)。