遠くから見る、エベレスト(左)とローツェ(右) 写真:石川直樹

ヒマラヤ山脈「ローツェ」登山中に青ざめた「人間の遺体」の存在感

写真家・石川直樹『地上に星座をつくる』より

エベレストをはじめ世界各地の山に登り、北極圏から南米まで。カメラを携え、旅を続ける写真家・石川直樹さん。旅の途中で、様々な風景と出会ってきました。

なかでもエベレストに隣接するローツェへの挑戦には特別な想いがありました。7年間の旅の軌跡をまとめた石川さんの著書『地上に星座をつくる』のなかから紹介します。

「最高の登山」

これまで3年間、ヒマラヤを知るために、この山脈の周辺を縦横に歩き続けてきたが、今回のローツェ登山はぼくにとってその集大成となる遠征だった。

2013年3月29日に日本を出発してネパールの首都カトマンズに入り、エベレスト街道を歩いて標高5300メートルのベースキャンプに入った。その後は6000メートル峰に二度登るなどして高所順応に努めた。

ベースキャンプで英気を養い、天候を慎重に見計らった結果、5月12日深夜2時にベースキャンプを発って頂きを目指すことになった。

 

第二キャンプ、第三キャンプを経て、5月17日朝7時、ぼくとシェルパのプラ・ツェテンは、ローツェの第四キャンプ(標高7900メートル)を出発して、最後の登攀を開始した。

ぼくはこの日に至るまで、あらゆる力を温存し、自分の体を丁寧に整えてきたつもりだ。人間は動くために食べる。食べないと動けない。だから、食欲が極度に減退する7900メートルのテントの中でもぼくはきちんと食べた。

干しマンゴーや干し納豆、くるみやせんべいを食べた。夜食のような食べ物ばかりだが、熱い米をもりもり食べられるほど胃腸は健やかではない。食べられるのは日本から送ってもらった上記のような菓子に毛が生えたようなモノばかりだったが、それでも体を動かす源になる。