# サイバーテロ

「カプコン」にサイバー攻撃…テロ集団が突きつける「身代金要求」のヤバすぎる中身

日本企業が狙われている

顔も見えない相手に、データを人質に取られて脅迫される—。まるでSF小説の世界のような犯罪が、現実のものになった。国籍も居場所もわからぬ貪欲な誘拐犯たちが、日本企業を次々と狙っている。

会社のメールさえ使えない

〈システムの異常が検知されました〉

ゲームメーカーとして日本有数の規模を誇るカプコンの社内コンピューターに突如、警告画面が表示されたのは、11月2日未明のことだった。

「何が起きたんだ?」

訝るシステム担当者をよそに、コロナ禍で在宅勤務する社員たちのパソコンは、会社のシステムに接続することすらままならなくなった。

Image by iStock
 

「もしウイルスが原因なら、感染の拡大を少しでも防がなくてはいけない。早朝にもかかわらず、多くの社員が同社に駆けつけ、パソコンにつながっているコードを引き抜いてまわる羽目になったのです」(全国紙経済部記者)

混乱のなか、カプコンの上層部は社内のネットワークを完全に停止することを決断。一夜にして、同社はメールさえ使えない状況に陥った。

「従業員への連絡もままならず、ふだんは使用しない緊急時用の安否確認サービスを使って、起きている事態が社員に一斉に通知されました」(同・全国紙経済部記者)

ゲームソフトの開発を手掛ける同社にとって、制作用のハードウェアが使えないのは致命傷だ。