宿題や忘れ物で子どもの通知表の「態度」の評価が下がる。そうなると困るから、宿題や忘れ物を親が完璧にやらせる。ケンカをしたら怪我をするから、ケンカしそうになったら大人が間に入る。このように先回りして「やってあげる」ことは、失敗をすることへのストレス軽減にはなるかもしれない。しかし子どもの成長に影響はないのだろうか。
ジャーナリストの島沢優子さんが、ある親子の話をふまえ、スクールカウンセラーなど臨床心理の専門家たちの話をまじえて考察する。

-AD-

「ママが書いたのを、写しなさい」

つい最近の話。
子育てとは全く関係のない取材だったのに、30代の男性が小学1年生になる息子の話を始めた。
「島沢さん、子育て関連、詳しいんですよね?うちの妻の話、聞いてもらえませんか?」
ほう、なに?なに?
少年サッカーのサイトで親向けの悩み相談を連載しているため、リモート取材のパソコン画面の私はつい前のめりになる。

その日の朝、登校前の息子が宿題をし忘れていたことが発覚。すると男性の妻は算数の宿題を解き始め、「ママが書いたのを、写しなさい」と息子に命じたのだ。

「どう思います?親が宿題やるなんておかしいでしょ?だから僕、そう言ったんです。それはおかしいよ、忘れましたって正直に言えばいいだろ。たかが宿題じゃないか、って。そうしたら逆切れされちゃって……」
妻は「たかが宿題ですって!?宿題を忘れて評価が下がるのはこの子なのよ」と怒り始めた。そして、日ごろから家事育児を妻任せにしていること、息子が宿題だけでなく忘れ物が多く担任にマークされていること、そのことを担任から言われるのは結局自分であることをまくしたてた。

「パパは口出ししないで!」
母親の剣幕に怯える息子はただただノートに計算式を写し、保育園児の妹は親たちのただならぬ気配を感じてか泣き出してしまった。そんなわけで、共働き夫婦にとって可能な限りスムーズに事を進めたい朝が大変なことになってしまったというのだ。

父は子どもの準備は本人に任せているのだろうが、しかし母は学校から文句の電話を受けるとどうにかしなければと思ってしまう…(写真はイメージです。写真の人物は本文と関係ありません) Photo by iStock

「妻は生真面目と言うか、他人の目を気にするところがあるんです。でも、宿題って自分のためにやるもんでしょ?親がつじつま合わせてもヤツ(息子)の力になりませんよね?そうやって親が世話を焼き続ければ、もう自分で何も考えられなくなりますよね。後始末はママがやってくれる、みたいなダメなヤツになっちゃいませんかね?」

そうね。なっちゃうかもね。でも、あなたがそのことに気付いているのは息子さんにとって幸運だよね。ママにやってもらうのは自分のためにならないよねって言い続ける。奥さんにも、そこを訴えるしかないね。