image by Gettyimages

子どもに1人1台PCだけで教育デジタル化が進むとは思ってないよね

マイナンバー叩きで騒ぐ愚かさじゃね

マスコミ的には面白ネタなんでしょうが

先日、報道で「政府がマイナンバーカードに小中学生の成績データを紐づける」という内容が出回り、情報法界隈や教育ベンダー界隈のような玄人筋だけでなく、一般のネット民まで巻き込んだ大反対の声が湧き上がっておりました。

現状で言うならば、官邸で行われている「教育再生実行会議」の子会議(下部組織)である、教育生成実行会議デジタル化タスクフォースの中で出た議論であり、この中ではマイナンバーに小中学生の情報を紐づけるという内容は本来枝葉のものでした。

photo by Gettyimages

ただまあ、マスコミ的には、このタスクフォースや周辺の議論で出た話を問題含みで報じようとすると、あたかも、機微中の機微である「子供の成績」がマイナンバーカードに格納され、これが漏れたらババンバン、という面白ネタに扱われてしまうという程度には民度が低いのだということが良く分かります。

周辺でも調査研究や調査会が複数官民で立ち上がっているのですが、こういう報じられ方をしてしまったので、参加者に新聞社の論説委員や通信社OBの方がおられるにもかかわらず、「この会議ではマスコミをシャットアウトしておりますので、遠慮なく忌憚のない各委員のご意見を」と冒頭で言われ、参加する私たちの心の中で「おまえ自身がマスコミ出身やがな」という叫びがこだまするのであります。

で、結論から言えばIT Mediaさんが文部科学省に聞いてくれた返事がすべてで、これ、実はもともと、紙ベースで子どもの修学状況(成績含む)や特性などは義務教育内で申し送りされてきたのを、せめてデジタル化しようぜということで、マイナンバー入れればオンラインで引っ張れる楊になるだけの代物です。

 

別にマイナンバーカードが漏れたからと言ってお前らの成績が第三者にバレて恥ずかしい思いをするとか、小学校時代万引きをやって補導されてバッチリ内申書に書かれた文言が晒されるというようなことではありません。