〔PHOTO〕Gettyimages

この冬「アフリカ難民」がスペイン領カナリア諸島に殺到している理由

日本人はまだあまりピンときていないが

ドイツ人に人気のバカンス地で

スペインのカナリア諸島は、7つの島からなっている。位置的にはアフリカの左肩で、モロッコまでは100kmほど。「なぜ、こんなところがスペイン?」と思うが、もちろん、15世紀の大航海時代の獲得地だ。

スペインが列強であった頃に、カナリア諸島はスペイン領となった。征服されたグアンチェ族の血は今も消えてはいないが、すっかり混血してしまったので、純粋な先住民は存在しない。

カナリア諸島はドイツ人の間ですごく人気の高いバカンス地で、どの島も一年中、ドイツ語が絶えない。そんなわけで私も、フルテヴェントゥーラ島とテネリフェ島には、何度か行ったことがある。冬も温暖だし、夏はずっと貿易風が吹き、さらに付近を寒流が流れているので、それほどめちゃくちゃ暑くはならない。夏の海の水も地中海に比べると冷たい。

〔PHOTO〕Gettyimages

フルテヴェントゥーラ島は延々と続く真っ白い砂浜が美しいが、その砂は、アフリカから貿易風に乗って飛んできたと聞いて驚いた覚えがある。風に乗ってきた砂粒が、こんな広大な砂浜を作るにはどれだけの時間がかかったのだろうかと考え始めると、突然、人間はちっぽけな存在だと確信してしまう。

 

テネリフェ島は火山の噴火でできた島なので、フルテヴェントゥーラとは対照的に黒いゴツゴツした島だ。真ん中にテーデ山があり、面白いことに、これがスペインの最高峰。3718mだから、ほとんど富士山と同じだ。世界第3位の規模の火山で、今はお休み中だが、過去には何度も噴火して、麓の多くの集落を人間もろとも全滅させた。直近の噴火は1909年。

テーデ山を車でひたすら登り、最後にロープウェーに乗り換えると、山頂にあと200mという辺りまで行けて、怖いほど大きなカルデラを見下ろせる。山頂付近は夏でも雪が残っており、要するに、亜熱帯から亜寒帯までを1日で体験できる。ただ、上で動き回ったら、酸欠で頭痛になった。

さて、すっかり旅行案内のようになってしまったが、実は、現在、コロナのせいで、カナリア諸島の旅行者は途絶えている。ところが、その代わり、物凄い数のアフリカ難民が押し寄せているのだ。

〔PHOTO〕Gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら