Image by iStock

3分で読める「ゾッとする話」消えたキヨミの謎

高木敦史の「ショートミステリー」(4)

1話3分で読める、大人気のミステリーシリーズの最新刊『かくされた意味に気がつけるか? 3分間ミステリー 闇の中の真実』より、5日連続で中身を公開します。

働き方革命

「私はAIです」。そんなことをとある政治家が発言してから数十年後、時代が変わった。AI──人工知能が普及した時代。人間の仕事はすべて超高性能AI『東海道』により割り振られる時代。

「どうしたの? 浮かない顔して。四月から新しい仕事になったんでしょ?」

ミホの質問に、キヨミはため息をついた。

「あんまり楽しくなくて」

AIに割り振られた仕事を拒否することはできない。計算によって最も適した仕事を与えられているからだ。そして、キヨミにこの四月から割り振られた仕事は「ひたすら数字を読み続けること」だった。

Image by iStock
 

机に座り、パソコンの画面にランダムに表示される数字を口頭で読み上げる。1、156、3098、42──最初は楽だと思った。しかしすぐに飽きてきた。

1万2345、7億8万26、247──。いつまでやればいいのだろう。一生続くのか?

夜、辞書で数字の単位を調べてみた。万、億、兆、京くらいまでは知っていた。しかしその上には、垓、ジョ、穣、溝、澗、正、載、極、さらには恒河沙、阿僧祇、那由多、不可思議、無量大数──数字の数は果てしない。

誰かに相談しても、みんな「やるしかないでしょ」としか言わない。しかし、このまま永遠に数字を数え続けるだけなんて、あまりにも孤独だ。そして無意味だ。

キヨミが数字を読み上げることで誰かが助かるとか、それが世界のためになるとか、そういうことが一切ない。楽をして生きたいと思っていたキヨミだが、このままでは頭がどうにかなってしまう。人生には意味が必要だと痛感した。

5098万813、1兆98万53、5京987万8136……ああもう! 何ヶ月か過ぎた頃、キヨミは我慢できず、ついに叫んでしまった。

「もうやめる! だって数字を読むことにいったいなんの意味があるの? 教えてよ!」

それ以来、誰もキヨミを見た者はいない。