Photo by iStock

中国人が「高齢になっても働かされ続ける日本人」に衝撃を受ける理由

「死ぬまで働きたいの?」

日本の「働く高齢者」が衝撃的

「日本の印象ですか。いろいろありますけどね、一番驚いたのはご老人が働いていること! 朝ご飯を買いにコンビニにいったら、白髪のおばあちゃんがレジに立っていたんですよ。店内で品出ししているのも、結構いいお年のおじいちゃんだったし。中国じゃありえないですよ」

今年の春のこと、日本旅行に訪れた中国の友人と話していると、こんな感想を述べていた。高齢者がコンビニで働いている姿は私たちにとっては特に珍しい光景ではないが、中国人にとっては衝撃的なのだとか。

彼だけではない。他の中国出身の知人も「日本のタクシーの運転手って高齢者の人が多いですよね? 毎日、長時間運転するきっつい仕事じゃないですか。中国だとせいぜい中年ぐらいまでしかできない仕事ですよ」と、同じ驚きを伝えてきた。

Photo by iStock
 

日本の“驚きの光景”は中国メディアでもたびたび取りあげられる定番ネタのようだ。中国のネットを検索してみると、このようなタイトルの記事が並んでいる。

「65歳を越えてもまだ働ける?! 892万人の日本老人たちの努力」
「なぜ日本の老人はほとんどが退職しても働いているのか? 死ぬまで働きたいの?」
「なぜ日本の老人は働き続けなければならないのか?」

私たち日本人が中国に行くと、ほとんど現金を使わないキャッシュレス社会や至る所に設置された監視カメラにぎょっとさせられるが、暮らしている中国人からすれば当たり前の風景だ。中国の知り合いにこの驚きを伝えても「ああ、言われてみればそうかもね」ぐらいの薄い反応しか返ってこない。その逆に、働く高齢者は日本人にとっての当たり前、中国人にとって異世界の光景というわけだ。