新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、GoToトラベルキャンペーンの全国一斉一時停止が決定。それに伴い、計画していた旅行を「今更すぎる…」と思いながらもキャンセルした人も多いのではないでしょうか。自由に旅することが難しくなっている中で、自宅にいながら旅気分を味わっていただけるよう「FRaU SDGs MOOK Money」より、蒼井優さんの癒し旅の様子をお届け。緑あふれる自然の中で無邪気な表情を見せる蒼井さんにほっこり。おうち時間を充実した時間に変えてみませんか?

旅先を選ぶ時に大切にするのは、どんなこと? 清々しい緑、おいしい空気、鳥のさえずり、太陽。新鮮で、心も体も元気になれる食事があれば、なお嬉しい。緑の中で、のんびりと過ごす時間が好きという蒼井優さんと自然とともにあるような、〈星のや軽井沢〉を旅しました。

いつもと違う空気の中にいる。
それだけで、じゅうぶん幸せ

〈星のや軽井沢〉に隣接する「野鳥の森」を散歩。鳥が大好きという蒼井さん、野鳥たちの声に耳を澄ませながら、ゆっくり歩く。 コート¥198000(マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店)☎03-6418-5711、マフラー¥129000参考価格(コー/イーストランド)☎03-6712-6777、ニットパンツ¥66000(エクストリーム カシミア フォー ロンハーマン/ロンハーマン)☎0120-008752、ソックス¥3300(ベースレンジ/ロペ エターナル)☎03-5708-5631、スニーカー¥27000(ヴェジャ/シードコーポレーション)☎03-6709-9662

蒼井優(あおい・ゆう)
女優。1985年福岡県生まれ。1999年、ミュージカル『アニー』でデビュー。2001年、『リリィ・シュシュのすべて』でスクリーンデビュー。18年、『彼女がその名を知らない鳥たち』で第41回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2020年10月公開の黒沢清監督作品『スパイの妻』でも主演を務め、高い評価を得た。

キンと冷えた空気が心地いい初冬の軽井沢。無邪気に自然と触れ合う蒼井優さんの姿を見ていると、こちらまで童心に返った気持ちになる。

生まれ育った福岡は自然がすぐそばにある環境で、小さな頃から緑のある場所が大好き。東京でも時間があれば公園に足が向きます

以前プライベートで訪れたサンフランシスコでも毎日公園で時間を過ごしたのだそう。

「朝はゆっくりと起きて、『今日はどこの公園に行こうかな?』って地図を広げて。公園までの道中にあるお店でコーヒーを買っていくのが定番でした。私は編み物が好きなので、旅先ではまず毛糸屋さんを探すんですけど、公園でずっと編み物をしていましたね。東京とは違う空気の中で自分の好きなことを思い切りやる。なんて贅沢な時間だろうって思ったんです」

かつて軽井沢では、冬に凍結した天然の池で子どもたちがスケートをしていたそう。森の天然水が流れ込むケラ池はその風景を再現したもの。スケートは小学校以来という蒼井さんも、だんだん慣れてこの笑顔。 コート¥198000(マッキントッシュ/マッキントッシュ青山店)☎03-6418-5711、マフラー¥129000参考価格(コー/イーストランド)☎03-6712-6777、セーター¥58000(ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー)☎03-5784-1238、ニットパンツ¥66000(エクストリーム カシミア フォー ロンハーマン/ロンハーマン)☎0120-008752、ニットキャップ¥22000(オズマ/ロペ エターナル)☎03-5708-5631、ミトン¥13000(カラコラム/RHC ロンハーマン)

おおらかな自然の中で、何にも急かされることなく自分の時間に浸る。蒼井さんにとって旅と自然は切っても切り離せないものだ。

「〈星のや軽井沢〉も自然豊かで、気持ちのいい空間でした。落ち葉がたくさんあって、歩道の部分は掃除してあるのに、木々の周りの部分は葉を残してあるんです。落ち葉の美しさをさりげなく感じられるようにしている部分が素敵です」

やわらかな光が差し込むダイニングで夕食。窓の外には棚田の風景が。灯籠を思わせる照明は徐々に色が変化し、夜は幻想的な雰囲気を醸す。 タートルネックセーター¥60000(ブラミンク)☎03-5774-9899、ブラウス¥65000、スカート¥72000(ともにフォルテ フォルテ/コロネット)☎03-5216-6518、チェーンネックレス¥86000(ソフィー ブハイ/スタニングルアー 新宿店)☎03-5321-9416、カメオネックレス¥59000(ソフィー ブハイ/ロペ エターナル)☎03-5708-5631

じつは今回ホテルで食べた食事にもそんなさりげない取り組みが隠されていた。〈星のや軽井沢〉ではレストランで出た生ごみを近隣の牧場と提携し堆肥化。それらを肥料にしてつくられた作物を食材として使うこともあるのだとか。

「じつは私も自宅に置けるコンポストを取り入れようかと考えていたところなんです。最近、友人に聞いて興味を持ったんですけど、自分で色々と調べて、本当に使い続けられるかどうか、頭の中でシミュレーションしているところです」