photo by Gettyimages

トランプが敗北しても「真の敗北者は民主党」であるワケ

ルビコンを前に大統領の「伝家の宝刀」

まるでビッグブラザーが支配しているみたいだ

12月14日の選挙人投票でバイデン氏が過半数を獲得し「勝利が確定した」との報道が流れている。

photo by Gettyimages

もちろん、「組織的選挙不正」が論じられない例年なら、ここで米大統領選挙が終わる。

しかし、12月15日の記事「暗殺率約10%! 米国大統領という危険な職業の実態を考える」の冒頭で述べたように、「大統領選挙で何らかの不正が行われた」ことは、確実な証拠や証言から「断定」しても良い。政治的に偏向したり自らの保身を図る判事たちがトランプ陣営の訴訟を門前払いすることと、証拠の信憑性との間にあまり関連性は無いと考える。

逆に、今回の選挙における組織的・大規模の「不正」が空前の規模で行われたとの「疑惑」は解消されるどころか、大手動画サイトまでが「選挙不正を論じる動画は削除する」と宣言したと伝えられるまでに至った。「言論弾圧」によって「蓋をしなければならない臭いもの」が存在することを証明してしまったと言える。

 

11月2日の記事「グーグル提訴の世界史的な意味…GAFAは人類の敵か味方か考えろ!」で述べた、ジョージ・オーウェルの小説「1984」(映画版紹介記事はこちら)のような「ビッグブラザー」による「超監視社会」の中で、国民が「真実」を語ると処刑される世の中がやってくる恐怖を感じるのは私だけだろうか?