Photo by iStock
# 日本経済

2021年、日本経済の「GDP」「株価」「不動産」はここまで激変する…!

消費は? リスクは? …最新予測!

今年の株式市場は、年央までの新型コロナの不透明感から一変、後半で大きく巻き返した。3/19の日経平均最安値の16552円から、12/10までの上昇率は60%超となっている。

このままいけば年内最安値から年末にかけての上昇率としては過去40年で最高となる(図表1-1)。世界のIPO金額も、米国を中心に活況を呈し、リーマンショック以降最大となった(図表1-2)。

 

市場を支えているのは、主に、ワクチンによるコロナ終息期待、財政政策、金融政策の3つだろう。いずれも2021年当初までは続くテーマである。

しかしこれらの要素は、いずれは息切れが始まると見るのが自然だ。持ちが良いのは、金融政策>財政政策>ワクチンの順だが、逆に、この順に市場を支える力は弱い。