アニメ内ビジュアル(ハレルヤ)

花江夏樹主演の「モンストアニメ」が大きな話題になった「納得の理由」

結末を視聴者が選択できる

未だ収束の兆しがみえない新型コロナウィルスの感染拡大。早くから影響を受けてきたエンタメ業界も、今できる形でのイベントの実施やコンテンツの発信手段を模索し続けています。

そんな中、9月に“アニメを起点とした新たなコミュニケーションの形”を提示するとある作品が発表されました。mixiグループのエンタメ事業ブランド・XFLAGが製作する、モンストアニメ「ハレルヤ - 運命の選択 -」です。

巨大IPである「モンスターストライク(モンスト)」を冠し、主演に人気声優・花江夏樹氏を起用した点はもちろん、本作ならではの仕掛けとして視聴者自身が物語の結末を選択できる“インタラクティブアニメ”であることが話題となり、大きな注目を集めました。

 

アニメ「ハレルヤ」とは?

“モンストアニメ”とはいえ、世界観や物語はオリジナルなので、「モンスト」ゲームをしたことがない人でも楽しめる本作。

原因不明の“大停電”により首都機能が停止し、無政府状態となった東京を舞台に、大停電と同時に特殊能力を宿した一部の若者たちが、その力を使って都内に残された人々を助けつつ生き抜く姿を描いた物語です。

主人公・ハレルヤは親友と共に、目覚めた力を使って人々の為に活躍する中で、能力を宿した若者たちと政府との対立に飛び込み、やがてある大きな“選択”を迫られることになります。

アニメ内ビジュアル

本作の特徴でもある“インタラクティブアニメ”という形式は、作品の佳境で主人公に提示される “選択”のどちらかを視聴者自ら選び取り、それぞれに分岐した先で物語の結末を視聴するというものです。

こうしたギミックとしての面白さはもちろん、選択によってその先で展開されるアニメが全く異なるエンディングを迎えるということも話題となり、公開以降注目を集めています。