Photo by kazuhide isoe / iStock

「コレステロールが高いから卵をひかえる」が無意味である単純な理由とは?

誤解の原因は100年以上前の実験だった

「卵」と「コレステロール」の迷信

コレステロールが高いと聞くと、反射的に「卵をひかえなければ」と思う人が少なくありません。こうしたイメージのもとになったのは、約100年前にロシアでおこなわれたウサギを使った実験です。

ウサギに大量に卵を食べさせたところ、コレステロールの数値が上がりました。しかし、その後の研究により、この結果は人間にはあてはまらないことがわかっています。

ウサギは草食動物なので、コレステロールをほぼ100%体内で合成しています。そのため、余分なコレステロールを体外に排出する仕組みが発達しておらず、人工的にコレステロールを摂取させると、食べたら食べただけコレステロール値が上がってしまうのです。

人間はウサギと違って、口から入るコレステロールの量が増えると、体内での合成が低下するようになっています。健康であれば、卵を2〜3個食べたくらいで血液中のコレステロール濃度が上がることはありません。

卵に限らず、コレステロールを含む食品の摂取を制限する必要はないと判明したことから、厚生労働省は、これまで定めていたコレステロールの摂取基準を、平成27年版の「日本人の食事摂取基準」から廃止しています。

つまり、本当に大切なのは、コレステロールを含む食品ではなく、「コレステロールの合成を促す成分」をさけることなのです。その代表が飽和脂肪酸で、その逆に、コレステロールの合成を促さないのが不飽和脂肪酸です。

コレステロールの合成を促す食品と促さない食品(『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』より)

卵1個には脂質が約5g含まれていて、そのうち約200mgがコレステロールです。しかし、含まれる脂質の半分以上が不飽和脂肪酸なので、食べることでコレステロール値が上がる心配はほとんどありません。イカ、タコ、イクラなども同じです。また、魚に含まれるEPAとDHA、オリーブ油やサフラワー(紅花)油などの植物性油、そしてナッツ類に含まれる油も不飽和脂肪酸でできています。

関連記事