photo by iStock
# 家電

コロナでバカ売れ!? いま「空気清浄機」を買うか悩んでいる人が「押さえておきたい3機能」

コロナ禍で普及が進む

2020年初頭から続く新型コロナウイルス禍によって、空気清浄機が人気だ。

空気清浄機というと、元々はタバコを吸う人やペットを飼っている人、もしくは空気環境に意識の高い人など一部の人が使うようなものだった。しかし2013年に発生した中国の大気汚染に端を発するPM2.5騒動によって人々の空気環境に対する意識が高まり、普及が進むようになった。

冬には、乾燥する空間で猛威を振るうインフルエンザウイルス対策として加湿空気清浄機が手放せなくなっており、加えてスギ花粉症対策や風邪予防など、さらには新型コロナウイルス禍から人気が急上昇している状況だ。

photo by iStock
 

2017年には、パナソニックが水と塩タブレットを電気分解することによって発生する次亜塩素酸によって除菌・脱臭を行う“空間洗浄機”「ジアイーノ」シリーズを発売。空気清浄機とは違うカテゴリーも登場して人気になっている。

空気清浄機や空間洗浄機が新型コロナウイルスに対して効果があるという確かなエビデンス(証拠)はないものの、手洗いやアルコール消毒、三密を避けるといった対策が一定の効果を上げている以上、空気中の汚れを取り除いてくれる空気清浄機・空間洗浄機にもある程度の効能が期待できる。

今回はそれらの中から機種選びのポイントとおすすめのモデルを紹介していこう。

関連記事

おすすめの記事