若い女性の「TPO意識」にも影響? 2020年「ファッションマスク」の登場で変わったこと

磯部 孝 プロフィール

家庭用マスクは大きく3種類

ここでマスクの基本的な分類を紹介したい。(1)家庭用マスク、(2)医療用マスク、(3)産業用マスクと大きく3つに分類される。

それぞれ使用目的と特徴が異なる訳だが、簡単にいうと、防ぎたい粒子の大きさによって設計・仕様が変わってくる。

 

(3)産業用では粉塵の量や質、(2)医療用は感染防止に主眼がおかれる。(1)の家庭用マスクが最もポピュラーで、フィルター性能と通気性のバランス、長時間の着用を前提に設計されたマスクだ。

よく目にする「ファッションマスク」なる商品は(1)「家庭用マスク」に属している。さらにこの家庭用マスクを細分化すると、基本形状として次の3種類に分けられる。

「平型マスク」はこの形状を見て思い出した方もいるかもしれないが、例の「アベノマスク」と揶揄された政府支給マスクがこのタイプにあたる。

基本的な補集(ろ過)、飛散防止の機能は備わっているものの、顎の動きには対応していないので着用したまま話し続けると、マスクがズレてきてしまう。インタビューや国会答弁で、安倍前首相がよくズレを直していた姿を記憶している方も多いだろう。綿などの天然素材を使っているのも特徴のひとつだ。

関連記事