入園者数や施設利用人数の制限、定期的な拭き上げ、ソーシャルディスタンスを確保するための積極的な声かけなど、健康と安全の確保を最優先に運営している東京ディズニーリゾート®。

ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたエリアが話題を呼んでいる東京ディズニーランド®史上最大規模の開発となる新エリア(2020年9月28日グランドオープン)でも、新たに採用したエントリー方式で受付を行うなど、新型コロナウイルス感染症への対策を徹底しています。

映画『美女と野獣』の世界が
広がる新しいエリア

主人公ベルが住む村を再現したエリア。ここには、ベルの父モーリスの家「モーリスのコテージ」や、ガストンの酒場をモチーフにしたレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」などが建ち、まさに映画の世界そのままのような風景が広がっています。

そんな村を抜けて森へと進むと、野獣の棲む城「美女と野獣の城」が。高さ約30mの城の中にあるのは、映画『美女と野獣』をテーマにした日本オリジナルのアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」(要エントリー)。映画の名曲に合わせて動く魔法のカップに乗り、いくつもの名シーンをめぐるアトラクションです。

10人乗りの魔法のカップには、感染予防対策としてシールドも設置されています。

日が暮れてライトアップされた城は、少し不気味な雰囲気に。まさに魔女に呪いをかけられたといった印象。

ミニーマウスに会える施設は
東京ディズニーランド初!

講談社が提供するトゥーンタウン内にも新しい施設がオープンしました。東京ディズニーランド初となるミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」(要エントリー)です。

ここは世界で活躍するファッションデザイナーのミニーマウスが、衣装のデザインや制作、撮影などを行うスタジオで、どこもかしこもフォトジェニック! ミニーマウスが表紙を飾った雑誌のポスターなどが飾られたロビーや、デザイン画を制作するオフィスなどを抜けたら、ソーシャルディスタンスを保ちながら、ミニーマウスとの時間を楽しむことが可能。季節ごとに異なるミニーマウスの衣装にも注目です。