「M-1」グランプリ公式サイトより

「あれは漫才じゃない」M-1王者マヂカルラブリーへの批判が相次ぐ「4つの背景」

悪いのは芸人でも審査員でもない

祝福ムードにはほど遠い状態が続く

20日夜、『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)が放送され、マヂカルラブリーが16代目王者となり、さっそくさまざまな番組への出演ラッシュがはじまっている。

「M-1グランプリ」公式サイトより

しかし、気になるのは放送直後から現在まで、「あれは漫才じゃない」「動きで笑わせるって小学生でもできそう」「レベルが低くて面白くなかった」「審査員の基準がおかしかった」などの批判が続いていること。

確かにマヂカルラブリーのネタは、「動き回ってボケまくる野田クリスタルに村上がツッコミを入れる」「ボケの野田クリスタルはほとんどしゃべらない」という変則的なスタイルで、かけ合いをベースにした「しゃべくり漫才」と言われるスタンダードなものではない。

野田クリスタル自身それを自覚しているのか、優勝後のインタビューで「『僕らでよかったのか』という気持ちはありましたが、チャンピオンとしての自覚を持ちたい」「文句言わせません。あれは漫才です」などと、あえてコメントしていた。

しかし、批判の声をあげる人々は、審査員のオール巨人や立川志らくのコメントを引き合いに出すなど、さまざまな理由を添えて「あれは漫才じゃない」という主張を曲げようとない。

 

それどころか、マヂカルラブリーの2人や審査員たちへの個人攻撃さえ見られるなど、祝福ムードにはほど遠い状態が続いている。

なぜ王者への「あれは漫才じゃない」という批判はここまでヒートアップしてしまったのか。あらためて経緯を見ていくと、主に4つの背景が推察される。