photo by gettyimages

アパレル業界で「ファッション福袋」を見かけなくなったシビアな理由

地球環境に優しくない

人気ブランドが次々に福袋をやめた

新春の初売りスタートとともにメディアに取り上げられる福袋は、その年々のトレンドを取り入れた内容で時代を映す鏡でもある。

しかし2021年を迎えた今、そんな福袋にも変化が生まれようとしている。なかでもファッション福袋は大きな帰路に立たされている。

photo by gettyimages

今年はコロナ感染者急増によって、各自治体から「静かなお正月を」という呼びかけが行われた。そうした社会環境の中、元旦営業店と2日あるいは3日から営業スタートする店舗に、初売りのタイミングが分かれた。

しかも2日夜には、首都圏の1都3県の知事から政府へ「緊急事態宣言」の要請があり、初売り・福袋は例年の様な活気とはならなかったようだ。

 

いまファッション業界全般で福袋商戦の見直しが進んでいる。国内最大規模の売上を誇る「ユニクロ」や「GU」は福袋を初売りの目玉としては扱わない。「ユナイテッドアローズ」をはじめとしたセレクトショップでも、数年前から福袋を展開する店舗が減少。「グローバルワーク」や「niko and ...」などを手がけるアダストリアグループは一昨年、「ライトオン」でも昨年から福袋の取り扱いを止めてしまった。

理由はさまざまだが、代わり映えのしない内容とマンネリ化による飽きもあって、年々、福袋の消化率が悪化していったのも大きい。

編集部からのお知らせ!

関連記事