photo by iStock
# スポーツ

箱根駅伝2021は「スーパールーキー」だらけ…1年生は「歴代レジェンド」の記録を超えられるか?

直接対決なるか? 順大・三浦と中大・吉居

箱根駅伝2021が迫ってきた。今年は1年生の“当たり年”で、学生長距離界はルーキーたちの活躍に沸いている。なかでもツートップといえるのが順大・三浦龍司と中大・吉居大和だ。

7月のホクレン・ディスタンスチャレンジで三浦が3000m障害で41年ぶりの学生記録、37年ぶりのU20日本記録となる8分19秒37(日本歴代2位)。吉居は5000mで15年ぶりのU20日本記録となる13分28秒31をマークして、陸上関係者を驚かせた。

時計の針を大きく動かした彼らの実力は“ホンモノ”だった。9月の日本インカレは三浦が序盤から独走して、8分28秒51の大会新V。吉居はラスト1周で強烈なキック力を発揮して、13分40秒04で1年生Vを飾っている。

photo by iStock

三浦は11月1日の全日本大学駅伝1区で区間賞・区間新をゲットすると、吉居は11月14日の日体大長距離競技会10000mで28分08秒61(U20日本歴代3位)をマーク。12月4日の日本選手権では、吉居が5000mでU20日本記録を13分25秒87に短縮して3位に入っている(三浦は直前練習で右足を打撲した影響で欠場した)。

12月29日の「区間エントリー」では三浦が1区に登録され、吉居は補欠登録。ふたりは1区で激突する可能性もある。

10月の箱根予選会では三浦が先行する吉居を終盤に逆転して、ハーフマラソンのU20日本最高となる1時間1分41秒で日本人トップを飾っている(吉居はU20日本最高タイの1時間1分47秒)。

 

三浦は今季出場した4レースすべてで“新記録”を打ち立てて、日本人には負け知らず。吉居は予選会で三浦に先着されたことを悔しく感じており、リターンマッチに燃えている。

ふたりの直接対決が実現すれば、“新たなる伝説”の幕開けとなり、箱根ファンはワクワクがとまらないだろう。