Photo by iStock
2020.12.18
# 起業 # 定年

会社を買って成功できる人は、超低金利を味方に、必死になり過ぎない

自分を追い込んだら元も子もない
定年が迫ったサラリーマン最大の課題は、これからの人生残り時間の生活を支える収入だ。再雇用やシニア起業が一般的な選択肢となるのだろうが、最近はこれらとは少し違った方法が登場し、成果を挙げている例が増えている。それがサラリーマンによる「小規模M&A」だ。会社を売りたい人と買いたい人をネットでつなぐ会社「トランビ」を経営する高橋聡氏の著書『起業するより会社は買いなさい サラリーマン・中小企業のためのミニM&Aのススメ』から紹介しよう。

超低金利を味方につける

現在はカネ余りの時代と言われています。これは事業をする人にとっては非常に良い環境であると言えます。なぜなら、金融機関が資金の出し先を探していることと、その競争のなかで、融資の際の金利が著しく低下しているためです。事業をする人、つまり借りる側の人からすれば、いい条件で多くのお金を借りられる可能性が高まっているということになります。

低い金利で融資を受けられるということは、それを元手に事業を買い取る際、その事業が生み出す収益への要求を下げることができるということです。

借入金の金利が高いときは、返済に際して高い金利が求められるため、その事業が生み出す収益も、返済する金利を織り込んだ相応のものでなければなりません。一方で、借入金の金利が下がれば、事業から生み出される収益も、金利が高いときほどは求められません。このように、金利が安くなることは、投資可能と合理的に判断できる会社やM&A案件が増えることにも繫がるのです。

Photo by iStock
 

しかし、いかに融資を受けやすいとはいえ、借り入れです。いずれ返済が必要なおカネであることに十分に留意をしておく必要があります。

また、超低金利の環境下で、事業の成長性と経営者のビジョンが確かであれば、必要な資金は金融機関が融資してくれる可能性は高まっていますが、融資の判断の際に買い取る会社や事業の内容は、当然、金融機関の審査の対象に入ります。当たり前ですが、環境が追い風であるからといって、どんな会社や事業でも必ず融資の審査に通るということではありません。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/