# 外食

「台湾カステラ」「絞りたてモンブラン」…2021年にバズりそうな「スイーツ」の共通点

矢崎 智也 プロフィール

レトロなスイーツの代名詞「レモンパイ」

レモンパイ(420円)/「サンレモン」(押上)

ここ数年ブームの兆しのあったレモネード。それ自体は大きなブームにはなりませんでしたが、その代わりにレモンパイがTwitterを中心に注目され始めました。

「CITRON」(外苑前)や「洋菓子レモンパイ」(浅草)のレモンパイ(タルト)が次々とバズり、レモンパイのまとめ記事が1万RT以上されるなど、2020年後半にかけて話題になっています。

レモンパイ(420円)/「サンレモン」(押上)
 

ツンと酸っぱいレモンクリームとシュワシュワと口の中でとろけるメレンゲが、30〜40代には懐かしく10〜20代には新鮮な印象を与えているようです。

SNSでのバズから飲食業界が動くまでに半年~1年ほどかかることが多いので、2021年はレモンパイを提供するお店が増えてきそうです。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/