〔PHOTO〕Gettyimages

「日中逆転」この一年で鮮明に…コロナの克服も経済復興も

なぜ日本だけが取り残されたのか

コロナに見る「日中逆転」

1月に湖北省の省都・武漢でパンデミック(感染爆発)が起こって以降、この一年で幾度となく、国家衛生健康委員会(中国の厚生労働省に相当)のホームページ(http://www.nhc.gov.cn/)を見て、中国の日々の状況を確認してきた。

1月、2月は、中国当局の隠蔽体質を感じることもままあったし、疑問に思う政策や、幹部の発言も散見された。

新浪網(シンランワン)に現地から「武漢日記」を書き続けた作家の方方(Fang Fang)は、1月30日の日記で、こう綴っている。

「感染症は、無数の世相を暴き出す。その病気は、コロナウイルスよりも恐ろしく、もっと長期に及んでいる。しかも、治癒が見通せない。医者がいないし、治そうとする人もいない。そう考えると、とても悲しい」

だが夏以降は、中国の防疫当局が自信を持ち始めていることを、国家衛生健康委員会のホームページ上に掲載される政策や発言の端々から感じるようになった。

実際、新型コロナウイルスの状況を日本と中国で比較してみると、12月10日現在で、次の通りだ。

日本: 感染者数17万3054人 / 死亡者数2512人
中国: 感染者数9万4736人 / 死亡者数4755人

このように、感染者数で、すでに「日中逆転」が起こっているのである。

〔PHOTO〕Gettyimages

日本では、「中国のデータは正しいものなのか?」という疑念が起こっていることも承知の上だ。中国が仮に、自国の感染者数を半数に絞って発表していたとしても、日中はほぼ同数になるのだ。さらに、下のデータを見てほしい。

日本: 感染者数1376人 / 死亡者数20人
中国: 感染者数68人 / 死亡者数3.4人

これは、日中の公平を期すため、人口100万人あたりの感染者数と死亡者数を算出したものだ。中国には、日本の26倍の国土に14億の民が暮らしているからだ。

こうして見ると、彼我の差が一目瞭然だろう。中国は単位人口当たりの感染者数で、日本の4.9%、死亡者数で17%にすぎない。しかも、PCR検査数は、中国の方が圧倒的に多いにもかかわらずだ。

周知のように新型コロナウイルスは、短期間のうちに、世界中にあまねく行き渡った。そのため、各国・地域の政府の危機管理能力の差が、如実に表れたと言える。日中で比較すると、明らかに中国政府の方が、日本政府よりも危機管理能力が高いことが、データ上から示されているのである。

その結果は、下記のようなデータにも表れている。

日本: 2020年 -5.3% / 2021年 2.3% / 2022年 1.5%
中国: 2020年 +1.8% / 2021年 8.0% / 2022年 4.9%

これは今月、OECD(経済協力開発機構・本部パリ)が発表したG20(主要国・地域)の各国・地域の経済見通しである。政府がコロナを克服できたかどうかによって、その後の経済復興がどれほど変わるかが、見て取れる。

世界の主要20ヵ国・地域の中で、2022年の経済成長が2%未満と予測されているのは、日本だけだ。2021年の2.3%成長というのも、20ヵ国・地域で最低だ。

 

GDP成長率というのは、前年の経済規模と較べた値だから、2020年にコロナ禍で経済が落ち込めば、2021年以降、復興していくにつれて急伸するものなのである。皮肉なことにOECDは、「経済復興が顕著なアジア地域が、世界経済の復興の牽引役を果たすだろう」と解説している。

それが日本だけ、世界の復興期に停滞しているというのは、コロナ禍でも日本経済が、そもそも落ち込んでいなかったか、復興が遅れているかのいずれかだ。もちろん後者の方である。OECDのデータを見ていると、もし世界に「コロナ恐慌」というものが起こるとしたら、それは「日本発」になるのではと危惧してしまうのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら