犯行現場のアパート[ウィキメディア・コモンズ]

マスコミが絶対に報じない、猟奇的な「座間事件」が起きた本当の理由

2種類の殺人の「ハイブリッド」だった

9人が亡くなった凄惨な事件

「はい、わかりました」

判決を聞いた被告人は、あっさりとこう答えたという。

12月15日、東京地裁立川支部で「座間事件」の犯人・白石隆浩被告に死刑判決が下された。2017年の8月から10月にかけて、彼は自殺願望を抱く9人の男女を1人ずつTwitterで勧誘し、神奈川県座間市の自宅アパートに連れ込んだ。うち8人の女性被害者には性的暴行を加えたうえで、全員の首をロープで絞めて殺害。

その後、遺体から小額の金品を盗み、証拠隠滅のためバラバラに解体して近隣のゴミ捨て場に廃棄した。その一方で、被害者たちの頭部は自宅で保管していたという。彼は一体なぜ、このようなむごたらしい殺人事件を起こしたのだろうか。

犯行現場となったアパート[ウィキメディア・コモンズ]
 

白石被告自身は法廷で、金銭や性交渉、証拠隠滅が目的だったと証言している。しかしこの座間事件は、本人が語ったシンプルな動機だけでは説明がつかないと感じている。金品や性的興奮を目的として起こった他の殺人事件と比較すると、被害者たちの頭部を自宅で保管していたことや、法廷で死刑を受け入れたかのような言動を繰り返したことなど、座間事件には異様な特徴がいくつも見られる。

私はこれまで、アメリカの有名な殺人犯や相模原障碍者施設殺傷事件の植松聖など、数多くの犯罪者たちと直接面談したり、電話や手紙でやり取りするなどコミュニケーションを重ねてきた。その経験から、座間事件の特徴を以下で考察してみたい。

結論を先に述べれば、私はこの事件が典型的な2タイプの殺人を混ぜ合わせた「ハイブリッド」ではないかと考えている。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/