ステルス性のあるF35戦闘機=航空自衛隊のホームページより

アメリカにナメられ続けた日本の「悲しすぎる末路」

戦闘機開発でまた言いなりか…

未来の「次期戦闘機」とは?

防衛省は航空自衛隊の次期戦闘機を開発する三菱重工業の下請け企業に米国のロッキード・マーチン社を選定した。同じく米国のボーイング社、英国のBAEシステムズ社との競合になったが、F22戦闘機やF35戦闘機といったレーダーに映りにくいステルス機を開発した実績からロ社が高い評価を受けた。

問題は、日本政府の思惑通りに米政府が協力するかにある。その難問に触れる前に、防衛省が開発を目指す未来の次期戦闘機について、検証していこう。

空中戦といえば、戦闘機同士が近距離で戦うドッグ・ファイトを連想する。しかし、ミサイル技術や情報共有のためのネットワーク技術の進展により、近年、空中戦の様相は大きく変化した。

空中戦の変化=防衛省の資料より
 

今では目に見えない遠方からミサイルを発射し、回避し合う戦い方が主流。このためステルス機が優位になる一方、情報を複合的に組み合わせて敵機の位置を正確に把握する機能が求められるようになっている。

ちなみにステルス性が高い第5世代にあたるF22戦闘機は、非ステルス戦闘機との模擬空中戦で108対0の撃墜率を記録した。

周辺国をみると、中国は第5世代のJ31戦闘機の開発を進め、ロシアは同じく第5世代のSU57戦闘機の開発を推進している。ロシアの場合、SU57と連携して飛行し、敵の情報を収集する大型攻撃用無人機「オホートニク」も開発中だ。