photo by iStock
# 少子高齢化

予想より10年早い? 新型コロナで日本の「少子化」が急激に加速している衝撃の事実

「自粛生活で出生率が上がる」訳がなかった

日本の少子化が加速している。

このまま推移すれば、2020年の出生者数は85万人を割り込み、83万人程度まで減少する可能性がある。さらに深刻なのは2021年以降で、予想を超えるスピードで少子化が進む可能性が高まっている。

筆者は6月23日の「自粛生活『することがないから、出生率が上がる』説の大間違い」で、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛などで「来年は子供が増えるのではないか」との歌手の和田アキ子氏の発言に警鐘を鳴らした。


拡大画像表示※厚生労働省「人口動態調査」より筆者作成

これまでの出生数の推移(表1)を見ると、16年に年間の出生数が100万人を割り込み、その後も出生数の減少が加速している。

17年4月時点の国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計では、出生数が90万人を割り込むのは21年、86万人台となるのは23年と予測されていたが、19年には90万人を割り込むどころか、86万人台まで減少した。


拡大画像表示※厚生労働省「人口動態調査」より筆者作成

20年に入ってからも出生数の減少に歯止めはかかっていない。表2は19年と20年の月別出生数だが、比較すると5月の出生数に大きな開きがあることがわかる。

20年7月までの出生数の累計は48万6009人で、19年並みの出生数になるためには、残り8~12月の5カ月間で約7万6000人の出生数が必要となるが、1~7月までのペースで行くと、19年の出生数は83万人程度にしか届かない見込みだ。

 

当たり前のことだが、少子化の流れが続いている以上、年々出産適齢期の女性数が減るのだから、出生率が上昇しない以上は出生数の増加は見込めない。それどころか16年に年間出生数が100万人を割り込んでからは、出生数の減少ペースが加速している。

しかし、もうお分かりだと思うが、20年の出生数の減少はなにも“新型コロナの影響によるものではない”のだ。