「買い物は投票だ」という言葉を聞いたことがありますか? 世界では今、「Money Voting(お金の投票)」を合い言葉にひとりひとりのお金の力で、世界をよりよく変えていこう、そんな動きが広がり始めています。

日々、何を選んで、どんなものに自分のお金を投じるのか。それは、自分がいいと思うもの、賛同する社会のあり方にたしかな意思を表明するアクションです。あなたはどんなもの、ことに「お金の投票」をしていますか? 今回は、レストランオーナーの山戸ユカさん&山戸浩介さん、料理家の按田優子さん&冷水希三子さんに「Money Voting」と、その思いを聞きました。

山戸ユカ&浩介のMoney Voting
長く、愛着を持って使えるものを選ぶ

7年前、東京から山梨県北杜市に移住して、以前より強く環境に対する意識を持つようになりました。きっかけは身近な自然の変化。年々雪の量が減ったり、夏には豪雨や、数年前までは目にしなかった蚊も増えてきました。気候や環境の変化は遠い世界のことじゃないと実感したんです。

最近強く思うのは、“環境にいい”というものでも、たくさん買って捨てたら意味がないということ。それより自分が本当に好きだと思えるものを長く使った方がいい。つくりがよくて丈夫で、修理して使えるものならなおいいし、作り手の情熱が込められていたり、環境負荷が少ない素材なら、言うことなしです。

我が家には、夫が13歳のときに四苦八苦しながらアメリカの本社までファックスを送って取り寄せた〈L.L. Bean〉のトートバッグがあるのですが、洗濯してクタクタになってもまだ現役。〈Patagonia〉のセーターやパンツ〈Barbour〉のジャケットも10年選手で、いい味を出しています。

なによりどのプロダクトにも思い出が刻まれていて、修理不可能と言われるまではずっと使い続けたいものばかりです。ものを長く使うというライフスタイルは環境云々の前に、深い愛着から生まれるのかもしれません。

山戸ユカ&山戸浩介(やまと・ゆか&こうすけ)
レストランオーナー。山梨県北杜市で季節の野菜や地元食材を使ったレストラン「DILL eat, life.」を営む。添加物を使わないアウトドア用トレイルフード〈The Small Twist Trail Foods〉の製造・販売も。ユカさんは料理家としても活動し、レシピ本なども多く手がける。