「買い物は投票だ」という言葉を聞いたことがありますか? 世界では今、「Money Voting(お金の投票)」を合い言葉にひとりひとりのお金の力で、世界をよりよく変えていこう、そんな動きが広がり始めています。

日々、何を選んで、どんなものに自分のお金を投じるのか。それは、自分がいいと思うもの、賛同する社会のあり方にたしかな意思を表明するアクションです。あなたはどんなもの、ことに「お金の投票」をしていますか? 今回は、モデルの高山都さんと、作家・漫画家の小林エリカさんに「Money Voting」と、その思いを聞きました。

高山都のMoney Voting
“オーガニック”なバスタオルを使う

毎朝ランニングをする私にとって朝のシャワーもまた日課。バスタオルの使用頻度が高いので、手ごろな値段のものをこまめに買い換えていました。でも〈IKEUCHI ORGANIC〉に出合って考えが一変。体全体を包み込むタオルはふかふかで、洗濯を繰り返してもへたり知らず。

買い続けている理由はタオルづくりの姿勢に共感した部分も大きくて、工場の電力は100%風力発電。染色の際に出る排水も極限まで浄化しているそう。「タオルは赤ちゃんが口に入れるものだから」とコットン選びにも徹底した基準を設けていると知り、肌に触れるものを値段だけで選んでいた自分を省みもしました。

オーガニックコットンという言葉は耳慣れていましたが、〈IKEUCHI ORGANIC〉が認めるのは、遺伝子組み換えでない種子で3年以上有機栽培されていること。さらに生産者が安全かつ衛生的な環境で働き、正当な賃金が支給されていること。

「オーガニック」とは自然環境だけではなく人に対しても配慮することなのだと知りました。自分が心地よく過ごすために何かが犠牲になるなんて悲しい。このバスタオルは暮らしを豊かにしてくれると同時に、大切なことを思い出させてくれる存在なんです。

高山都(たかやま・みやこ)
モデル。雑誌や広告、ファッションカタログのモデルのほか、ラジオ番組のパーソナリティやエッセイ寄稿、料理レシピ提案など幅広く活躍。著書に『高山都の美食姿』1・2巻。続編となる最新刊『高山都の美食姿』3・4巻(すべて双葉社)が発売中。