〔PHOTO〕Gettyimages

ドイツメディアが「コロナしか報じない」のには裏がある、という疑念

メルケルがやつれて見えるのはなぜか

コロナ以外にニュースはないのか

ドイツでは、夜7時に第2テレビのニュース、夜8時には第1テレビのニュースが流れる。前者は15分、後者は25分ほど。日本で言えばNHKの夜7時のニュースのような位置づけだ。ドイツの第1と第2テレビはどちらも公営放送で、国民は視聴料を払う義務がある(視聴料はオンデマンドや公営ラジオの視聴も包含しているので、たとえ車にラジオが付いているだけでも支払い義務は生じる)。

さらにいうなら、どちらも中立報道であるとしながら、多かれ少なかれ政府の応援団的存在だ。多大なお金を回してもらっているのだから当たり前かもしれない。同じ立場であるNHKが一貫して反政府のスタンスであることの方が例外なのだろう。というわけで日本もドイツも、たとえ公営放送でも報道内容は必ずしも中立とは言えない。

メディアと政府が共闘するというのは大変恐ろしいことで、最近、それに気づいたドイツ国民が抗議活動を強めている。

ドイツ人はデモ好きで、何かというと市民が街に繰り出すが、ここ数年はデモの場で必ずと言って良いほど、「嘘つきメディア」という抗議プラカードが掲げられる。そして、メディアがそれを、極右のプロパガンダとして糾弾したり、あるいは無知蒙昧な人々の愚かな行為として過小評価したりというのが、ドイツの日常風景となりつつある。

ちなみに、現在のドイツ政府と大手メディアは、リベラルを通り越して、かなりの左派である。

〔PHOTO〕Gettyimages

さて、そんなドイツの報道でここ数ヵ月おかしいと思うのは、ニュースの内訳だ。春以降、前述の夜7時と8時のニュースでは、トップニュースはもちろん、ニュース全体の半分か、時にはそれ以上の時間がコロナ関連のニュースで占められている。まるで、ドイツにはそれ以外に何も重要なことが起こっていないかのようだ。

そうでなくても、15分や25分ほどのニュースの時間に、ドイツと世界で起こっていることをコンパクトに纏めるのは結構難しい。ところが現在、前半分がコロナで、後の半分にスポーツやら天気予報までが詰め込まれるのだから、実際問題として、その他のニュースは極力省かれている。

 

ちゃんと知りたい人は、もっと遅い時間帯の詳しいニュースを見れば良いとも言えるが、これまでは、まずは7時と8時で、重要なニュースの触りだけはやっていた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら