# マンガ

【マンガ】年末年始、ギスギスしがちな夫婦仲を取り持つ「オススメレシピ」があった!

今すぐ真似できるレシピが満載

すっかり年の瀬。今年は新型コロナウイルスの影響もあって、帰省せずに家族とゆっくり過ごすという人も少なくないだろう。自粛ムードもあって、外食さえも気軽にできない雰囲気に包まれている。

新しい生活様式が定着しはじめたなかで、「家族と過ごす時間が増えた」「妻(夫)と話すようになった」人が増加していることを示すデータがある。

 

今年の春、緊急事態宣言が発令された後に、東京ガス株式会社都市生活研究所が行った調査によると、20〜70代以上の全ての年代の男女で、新型コロナ拡大前と比べて「家族との会話が増加した」と答え、特に20〜40代の女性を中心に「料理をする時間」も6割近く増えているという。

なかでも興味深いのが、「ストレス軽減のために行っていること」の上位に「おいしいものを食べる」が入る一方で、40代既婚女性の「自宅でのストレス」の1位が「料理頻度が増えたこと」である点。円満な夫婦生活を送るためには、美味しいごはんと男性側の積極的な家事参加は必須のようだ。

そんな中で、とある夫婦の様子を描いたマンガ『ざんげ飯』が話題だ。

『ざんげ飯』第3話より

物語はすぐに地雷を踏んでしまうヤラカシ夫・吉村隆史と、いつもフキゲンだけど夫が大好きな妻・千夏の新婚生活を描いた胸キュンストーリー。毎回、些細なことで千夏の機嫌を損ねさせてしまった隆史が、手料理を振る舞い妻のご機嫌をとるという平身低頭なグルメ漫画になっている。

なにより本作品の魅力は、実際に真似できるレシピが紹介されているところ。担当編集が次のように話す。

「本作では『愛情のこもった手料理』が全てを解決してくれます。デリカシーのなさから、妻の地雷を一つ一つ踏み抜いていく夫。そして夫はちゃんと反省し、その反省の気持ちをこめて丁寧に料理を作って謝ります。どのレシピも真似しやすいものばかり。お読みいただき、仲直りの方法をぜひ実生活の中で試していただければと思います」

実際ツイッターで「#ざんげ飯」と検索して見ると、作中に登場するギョーザやポテサラを“実際に作ってみた”という投稿を見かけた。どれも美味しそうなものばかりだが、これらのレシピはどのように生まれているのか。著者のこだまはつみさんに聞いてみた。

「毎回取り上げるメニューは、担当編集の方との打ち合わせで決めて、特別な内容でない限りは基本的には実際に作ってみています。ですが、自分はあまり料理が得意ではなく…。正直全く自信がないので、夫(食品関連の仕事をしています)と、異様に料理が得意な友人という有難い相談先があるため、必ずどちらかにレシピの相談や実際に作ってもらったりするなど、たくさん頼らせてもらっています。

なので『実際に作ってみました』というお話を聞くと、読んでいただいた喜びに加えて同志を見つけたような感動があります」

こだまさん夫婦の努力の賜物によって生まれたレシピが、実際のカップルの仲を取り持っているのはなんとも素晴らしいことだ。ただ、投稿をよく見てみると「旦那様に大好評」と妻が料理をしているケースが多いのが少しだけ気になるところ…。

例年とは違う年末年始。男性のみなさん、今年は家族との愛を深めるために「料理」に挑戦してみてはいかがだろうか?

過去のエピソード

第1話「愛情じゅわっと焼き餃子」

第2話「疑惑と涙のチキンソテー」

著者紹介

こだまはつみ

2015年、第77回小学館新人コミック大賞の少女漫画部門佳作でデビュー。少女漫画誌で読み切り作品を数作発表。『ざんげ飯』が初連載。好きな食べ物は伊勢うどん。