Photo by gettyimages

消えた120億円…コロナ禍で歌舞伎界がうけた大ダメージ

異例づくめの2020年を振り返る

海老蔵が一回も歌舞伎座に出なかった年

市川海老蔵の團十郎襲名で盛り上がるはずの一年が、予想もしなかった形で終わろうとしている。

結局、海老蔵は今年、一度も歌舞伎座の舞台には立たなかった。

1月は例年と同じ新橋演舞場で座頭公演。今年は「海老蔵として最後の演舞場公演」のはずだった。

2月は最後の地方公演で、博多座に出ていた時、政府のイベント自粛に応じて公演中止となった。3月・4月は、もともと舞台の予定はなく、5月から7月までの歌舞伎座での襲名披露公演に備えていた。

 

5月の襲名披露公演のチケット発売日は4月8日で、どうなるのだろうと思っていたが、その前日の7日、襲名披露公演のすべての延期が発表された。

歌舞伎座は8月に再開したが、12月までの5ヵ月、結局、海老蔵は一度も出なかった。

海老蔵は全国各地をまわる自主公演から芝居興行を再開し、11月は博多座で本公演も打てた。チケットは後半は完売していた。

2021年1月も新橋演舞場で「海老蔵歌舞伎」と銘打っての公演の予定だ。

團十郎になるまで、歌舞伎座には出ないという強い意志のようなものを感じる。

海老蔵の公演が「海老蔵歌舞伎」と銘打たれるのも初めてで、過去に、他の役者でも、例はないのではないか。「坂東玉三郎特別公演」とか「中村勘三郎奮闘公演」と銘打たれることはあったが。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/