『わたしは繊細さん まんがでわかる!HSPが自分らしく生きる方法』(漫画:武嶌波/監修:武田友紀/飛鳥新社)

【マンガ】人の機嫌が悪いと「自分のせい?」と思ってしまう…そんなあなたは「HSP」かもしれない

気がつきすぎて疲れてしまう…

「まわりに機嫌の悪い人がいるだけで緊張する」
「相手が気を悪くすると思うと断れない」
「細かいところまで気づいてしまい、仕事に時間がかかる」
「疲れやすく、ストレスが体調に出やすい」
「友達との会話では主に聞き役」
「悲しいニュースを見ると落ち込む」

こういったことはないでしょうか。心当たりがある…そんなあなたは、「生まれつき繊細な人」かもしれません。

アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士は、こうした人たちを「HSP(Highly Senstive Person)と名付けました。繊細な人たちの感じやすい性質は、長らく「気にしすぎ」「真面目すぎる」など個人の性格によるものだと誤解されてきましたが、アーロン博士の研究によって、5人に1人の割合でいるということがわかってきたのです。

他人が機嫌が悪いと「自分のせいでは?」と思ってしまう…『わたしは繊細さん』(飛鳥新社)より

こうした気質を持つ「繊細さん」に向けて、HSP専門カウンセラーである武田友紀さんが「気がつきすぎて疲れる」がなくなる実践テクニックを紹介した『「繊細さん」の本』(飛鳥新社)は、「私これだったんだ!」と多くの共感を呼び、50万部を超えるベストセラーとなりました。

本作をコミカライズした『わたしは繊細さん まんがでわかる!HSPが自分らしく生きる方法』(漫画:武嶌波/監修:武田友紀/飛鳥新社)が11月11日に発売され、注目を集めています。

毎朝機嫌の悪い上司、否定から入る女の先輩、ソフトモラハラな結婚間近の彼氏…そんな環境に心をすり減らす27歳のOLのストーリー。仕事に人間関係、どうしたらいい? そんな繊細さんの疑問に物語を通して答えていきます。

現代ビジネスでは、マンガ『わたしは繊細さん』の発売を記念して、第1話&第2話の無料試し読みをお届け! 本書を読むと、繊細であることは、決してマイナスなことではないことが分かります。繊細だからこそ出会える世界や生き方を見つける手がかりになるかもしれません。

 

▼続きが気になる方はコチラ!

『わたしは繊細さん まんがでわかる!HSPが自分らしく生きる方法』(飛鳥新社)好評発売中!
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/