『逃げ恥』がスペシャルで戻ってくる!

私たちの『逃げ恥』がスペシャルドラマとして帰ってくる。題して『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』(TBS 2021年1月2日夜9時~)。

2012年2017年2月号まで「Kiss」で連載された海野つなみさんの原作マンガ『逃げるは恥だが役に立つ』が連続ドラマとして放送されたのは2016年10月~12月のこと。新垣結衣さんと星野源さんはじめ、石田ゆり子さん、古田新太さん、大谷亮平さんなどの素晴らしいキャストに加え、演出に金子文紀さんや土井裕泰さん、石井康晴さん、脚本・野木亜紀子さんという超豪華なドラマで、星野源さんの主題歌「恋」「恋ダンス」もあわせて一大ブームとなった。2020年5月にもコロナ禍で一挙再放送され、「火曜日のハグ!」「契約結婚」など逃げ恥ワードがSNSを席捲していたほどだ。

今回スペシャルドラマとして放映されるのは2019年から「Kiss」で連載が再スタート、2020年夏に終わったみくりと平匡の「その後」の話となる(10巻と11巻とで完結)。またレギュラー陣に加え、西田尚美さんや青木崇高さん、滝沢カレンさんなど多くのゲスト出演者の名前も徐々に発表されており、ワクワクがとまらない。

念のためおさらいしておくと、『逃げ恥』は大学院で心理学を学び、臨床心理士の資格も持っているが就活で全滅。職ナシ彼氏ナシ居場所ナシの森山みくり(新垣結衣)が、「プロの独身」サラリーマンの津崎平匡(星野源)と「契約結婚」をする物語だ。その「契約結婚」をめぐり、みくりの伯母であり、独身キャリアウーマンの百合ちゃん(石田ゆり子)や平匡の同僚・沼田(古田新太)、風間(大谷亮平)やみくりの友人のやっさん(真野恵里菜)などそれぞれの立場での、結婚・恋愛・仕事・お金・孤独など様々な悩みや喜びも描き出されるエンターテインメントなのである。

みくりを演じた新垣結衣さん、平匡を演じた星野源さんをはじめ、キャストはみなほかには考えられないほどのハマりっぷり (c)海野つなみ

その一筋縄ではいかない様子は、海野つなみさんのインタビュー記事「呪縛を解くベストセラー!海野つなみが『逃げ恥』で描いた『人の数だけある孤独』」でもお分かりいただけるだろうが、無償労働の不満や自尊感情のなさ、人生で感じる孤独など、すべての人の迷いや悩みが、笑いとともにある物語だともいえる。

名言の多さも「逃げ恥」の魅力

ビリビリ来る言葉やときめきワードが満載なのも「逃げ恥」の特徴のひとつ。たとえば石田ゆり子さんが演じた「百合ちゃん」こと土屋百合の言葉は、この世のすべての女性たちが、首をブンブンふって読んだり聞いたりしたのではないか。ひとつ実例として挙げてみよう。

50歳で、自立したカッコよくも美しい百合。17歳年下のイケメン・風見から告白されたあと、風見に思いを寄せる五十嵐から「すみません、正直に言いますね。風見さんを解放してあげてくれませんか」と言われるシーンがある。「あなたと風見さんなら年齢的にもあなたのほうがイニシアティブを持ってますよね。若い男の子を囲うのはさぞや楽しいんだろうなーと思いますけど」と「若さを価値観」「年を取ることを障害」と語る彼女に百合ちゃんは言う。

呪いね。自分で自分に呪いをかけているようなものよ。あなたが価値がないと思っているのはこの先自分が向かっていく未来よ。

それって絶望しかないんじゃない?

自分が馬鹿にしていたものに自分がなるのはつらいわよ。『かつての自分みたいに今周りは自分を馬鹿にしている』と思いながら生きていくわけでしょう。

そんな恐ろしい呪いからはさっさと逃げてしまうことね。

あなたがこの先美しく年を取っていきたいと思うなら、楽しく生きている年上の人と友達になるといいんじゃないのかな。

あなたにとっての未来は誰かの現在であったり過去だったりするんだから」

(C)海野つなみ/講談社『逃げるは恥だが役に立つ』

さらに、「プロの独身」高齢童貞の平匡さんがみくりへの思いを募らせていくセリフや、みくりの鋭い分析に可愛すぎる言葉など、物語の中に感情が動かされるセリフが満載なのである。

あなたにとっての「ベストオブ逃げ恥ワード」は?

マンガを読んでからドラマを見、そしてドラマを見てからマンガを読むと、「あっ、設定がこう変わってるんだ!」「あっ、このセリフ、マンガにはなかったなんて!」などといった気づきもある。たとえを言ってしまうと発見する楽しみを奪ってしまうのでやめておくが、あれだけ大きなセリフが実は吹き出しの外の手書きだったなんて! などと感動すらする。しかもすごいのが、両方ともに完全なる独立した完璧な「逃げ恥ワールド」でありながら、どっちも読んで見るとどんどん楽しみが増えていく奇跡のような関係性にあるのだ。

そこで、編集部が原作マンガより独断と偏見で20の「逃げ恥ワード」をセレクト。みなさまからの投票で「ベストオブ逃げ恥ワード」を決定したいと思う。

連ドラになった9巻までではみくりと平匡さんが「本当に」結婚して幕を閉じた。今回のスペシャルドラマは「本当に結婚した」ふたりの「その後」となる。
「スペシャルドラマ前」の1巻~9巻と連ドラおさらいをしておくと、スペシャルドラマをより一層楽しめることは必至。さて、あなたにとっての「ベストオブ逃げ恥ワード」は何だろうか。

応募いただいた方の中から抽選で3名の方に、スペシャルドラマの原作となっている10巻と11巻のセットをプレゼント! なんと10巻は海野つなみさんのサイン入り!応募は12月24日クリスマスイブまでの締め切りで、スペシャルドラマ放送の日に結果を発表します!

1巻1話の無料試し読みはこちら!↓

スペシャルドラマの原作10巻はこちら↓