Photo by gettyimages

小室圭さん母と元婚約者「400万円の交渉テープ」を公開する

独占スクープ第2弾

本誌は小室家と元婚約者A氏の間の「400万円交渉テープ」を入手した。そこには、小室圭さんの生々しい肉声、そして、これまでベールに包まれていた「交渉決裂」の一部始終が収められていた。発売中の『週刊現代』がスクープする。

小室家が沈黙する理由

「なるほど。返す意図はないと」

高齢と思われる男性が独り言のようにそう呟く。すると、別の若い男性がはっきりとした口調でこう話す。

「あ、すみません。『返す』というか、元々『贈与』を受けているというふうに認識しておりますので」

 

会話というよりも、法廷での発言のような口調に聞こえる。横から、女性も言葉を継ぐ。

「婚約中のことなので」

これはいまから約7年前に録音された音声だ。場所は、横浜市内のマンションの一室。話しているのは、冒頭から、それぞれ小室圭さんの母・佳代さんの元婚約者A氏、圭さん、佳代さんだ。圭さんと佳代さんが、A氏の自宅を訪れた際のテープなのである。

編集部からのお知らせ!

関連記事