〔PHOTO〕Gettyimages

ファイザー製ワクチン「95%の感染予防効果」を米FDAが確認

人種や年齢を問わず、糖尿病患者にも

最初の1回だけでも効果はある

米FDA(食品医薬品局)は、米ファイザー製の新型コロナ・ワクチンの承認審査をするための資料の中で、同ワクチンの強い予防効果を改めて確認した。同ワクチンを共同開発したファイザーと独BioNTechは「95%の(感染予防)効果がある」とする臨床試験の結果をすでに発表している。

それに加えて今回は性別、人種、年齢、体重などによらず同等の予防効果が確認された。また同ワクチンは本来、3週間の間隔をあけて2回接種する必要があるが、最初の1回だけでも相当の予防効果が見られたという(図1)。

図1)ワクチンを1回投与した後の新型コロナ感染者の増加ペース:赤がプラシーボ(偽薬)、青が本物のワクチンを投与された被験者グループ
出典:https://www.fda.gov/media/144245/download

今回のFDAによる審査は、ファイザー/BioNTechが先月18日に提出した臨床試験(治験)の最終報告に基づく。それによれば臨床試験は今年7月、約4万4000人の被験者を対象に実施され、その半数は本物のワクチン、残りの半数はプラシーボ(偽薬)を投与(接種)された。

以降、数ヵ月の間に全体で170人のコロナ感染者が報告され、そのうち162人がプラシーボ、8人が本物のワクチンを投与された被験者だった。ここから「予防効果は95%」という最終結果が導き出された。

 

本物のワクチンを投与された被験者グループは、1回目の接種から10日以内に感染者数の増加が頭打ちになった。また、同ワクチンは白人、アフリカ系、ラテン系などの人種によらず同等の有効性が確認された。さらに、新型コロナの重症化リスクが大きい「糖尿病や高血圧等の症状がある被験者」にも、このワクチンは良く効くという。

今回の臨床試験では全体で10人の(新型コロナ感染による)重症者が報告され、そのうち1人が本物のワクチンを接種された被験者だった。ただ、この被験者は血液の酸素飽和度が93%とギリギリで正常値未満となったため、形式的に「重症者」に分類されたに過ぎず、実際は命に危険が及ぶような症状ではなかったという。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら