〔PHOTO〕iStock
# 地方移住

定年後、2000万円で「地方に移住」した夫婦…その「ヤバすぎる末路」

突然始まった工事

コロナ禍の前後から「地方移住ブーム」に拍車がかかっている。ブームが加速すればするほど、これまでになかった問題が噴出するのが世の常である。当然、移住(や二拠点生活を選択)したはいいものの、ブームのなか発生した新たな問題に頭を悩ませる人も目立つようになっている。

コロナ禍前から退職後にゆったりとした時間を…と考え、地方移住あるいは二拠点生活を検討していた都心のT夫妻の例は悲惨であった。

その御夫妻は、地元集落での移住の問題点——つまり現地の人々とルールなどで折り合えず、トラブルに巻き込まれてしまうといった問題——を理解したうえで、現地の人の居住地域からは少し離れた、とある別荘地内に2000万円ほどで物件を購入して、週末のたびに来訪しては豊かな自然を楽しんでいた。

美しい景観は、老後を迎えた夫婦二人にとってこの上ない癒しになっていた。

〔PHOTO〕iStock
 

しかし、ある週末のことであった。

夜になればフクロウの啼く豊かな森であった別宅の正面は突如として漠陵とした土砂むき出しの風景に一変していた。

ほどなく、週末であってもおかまいなしの土木工事が始まった。美しい風景を楽しみたくて大枚をはたいて別荘を買ったのに——。

しかしそもそも、別荘地では週末や御盆や正月などの行楽期における工事は禁止されているはず、しかもその一帯は別荘地として管理会社が管理しており、規約によって乱暴な開発や工事が禁止されているはずだ。そのことは移住の前に、物件を購入する地域を決める時点で簡単に確認しておいた。それなのに、いったいなぜそんなことが起きてしまうのか…。

その理由は、昨今のブームと深い関係がある。