日本は「失われた20年」へ逆戻りする懸念も… photo/iStock
# 新型コロナウイルス

“コロナ経済”で日本がなぜか「完敗」して、アメリカと台湾が「圧勝」しそうなワケ

2020年11月後半に入って新型コロナの感染が拡大し、Go to キャンペーンの見直しや緊急事態宣言の再度の発令まで取りざたされるようになってきた日本ですが、私が暮らすシンガポールでは国内の新規感染者数がゼロの日がほとんどとなるなど感染抑止に成功しています。

この新型コロナの状況の違いがどのように生まれたのか、そしてそのことが経済にどのような影響を与えそうなのか論考していきます。

早期のコロナ対策が「すべて」だった

2020年10月後半以降に欧米のほとんどの国では新型コロナの感染が再拡大して死者も増えて、米国や英国では人口100万人あたりの死者数が同11月末時点で700人に接近し、フランスでも600人に近づくなど甚大な被害を出しています。

先進国以外ではブラジルやメキシコ、さらにはアルゼンチンといった中南米の主要国での感染拡大が深刻で、人口あたりの死者数で米国を上回るまでになっています。

こうした国々の被害と比較すると、東アジアやオセアニア諸国の被害は桁違いに少なく済んでいますが、その中でも感染状況には大きな乖離が出てきています。シンガポールでは11月に入ってからの市中感染がほぼなくなり、11日から25日までは15日連続で新規感染はゼロの日が続きました。

「感染ゼロ」の日が出てきたシンガポール photo/gettyimages
 

累計で5万人以上の感染者を出し、シンガポールの感染の中心だった外国人労働者の寮でも、さらに長い期間感染ゼロが続いています。死者に至っては7月以降で3人にとどまっています。