46年間「ノグソ」を続けてわかった「うんこの重要性」

自然に還元可能な“正しいノグソ”とは?
飯田 一史 プロフィール

――おしり用の葉っぱは、どういう基準で選ぶんですか?

伊沢 まず「大きさと丈夫さ」に加えて、「肌触り」と「吸着力」の良さ。もちろん、好みもあります。豪快に拭きたい人は多少ざらざらした葉っぱでもいい。女の人はだいたい柔らかさ重視ですね。

湯澤 たとえば、イチョウは?

伊沢 あんまりよくないですね。拭き取り力が弱いんです。

湯澤 文献で見ると、紙の普及以前に何を使って処理していたかは、どういううんこかによって違っています。地域や気候によって食べているものが違いますから、そうすると出るものも違う。かたいうんこだとこそげ取るタイプがいいとか。

伊沢 屋久島でガイドをしている女の子は「屋久杉の葉がいい」と言ってましたね。丸まって棒状になった葉っぱでこそげ取る、と。あと高山帯ではハイマツの葉っぱを束にしたまま横向きにして拭くという人もいました。

湯澤 ああ、松の先端が刺さらないように(笑)。

伊沢氏のウエストポーチには様々な葉が入っている
 

伊沢 ヨモギなんか日本全国どこにでも生えている道ばたの雑草ですけど、草刈り後にもどんどん生えるから、若葉だけでなく2番芽、3番芽も――春から秋まで柔らかくて気持ちよく使えます。

湯澤 触ってみるとヨモギの葉っぱは毛がふわふわですね。シダはどうですか?

伊沢 葉質が柔らかいシダはいいですよ。軸をしごいて玉にしてね。

湯澤 贅沢な使い方(笑)。

伊沢 こういう場合はなるべく細かい葉のほうがいいですね。コナラの落ち葉も意外にいい。葉っぱの裏側の白っぽいのはマット状で、結構拭き取り力がある。冬によく使います。

ただ「この葉っぱなら必ずいける」という種類で特定できるものはないんです。新芽や若葉はいいけど成長してしまうと硬くてダメな葉っぱもありますし、1日の中でも葉っぱに含まれる水分がどんどん変わっていきます。日陰の葉っぱはしんなり、日向だとゴワゴワと、生えている場所によっても違う。

だいたいうんこって朝ごはんを食べたらしたくなりますよね。特に枯葉ならばそういうタイミングで手に入る、夜露・朝露でまだしっとりしているものがいい。ところが昼になると乾いてくる。一枚ではダメなときは重ね使いをしたりもします。

湯澤 野外だと季節も感じられますね。

伊沢 今の季節ならうんこしながら紅葉を楽しめるのがいいですね。ウルシの葉っぱも紅葉すれば活性を失いかぶれないんですよ。生の緑の葉っぱで拭いたら大変なことになりますけど(笑)。

関連記事

おすすめの記事