〔PHOTO〕gettyimages

なぜ東京五輪は中止にすべきか? 歴史が教えてくれる「日本の現実」

ナイキCMとマイノリティが問うもの

ナイキの広告が映し出したもの

11月28日にNike Japan(以下、ナイキ)により公開された広告動画は、ネットを中心に大きな議論を巻き起こした。

即ち、日本におけるさまざまな差別の様相を描きつつもマイノリティをエンパワメントするという肯定的な受け止め方もあれば、背景的に描かれている日本人のいじめ・差別的な行為は恣意的な描写あるいは現代の日本の実態にそぐわない描写であって日本に対するネガティブキャンペーンである、などという批判もある。

ここ最近も、繊維製品メーカーのアツギや、マルちゃん正麺(東洋水産)などの広告が主に性に関わる側面から「炎上」してきた。

ナイキの広告はそれに加え、日本における民族問題、マイノリティの在り方というに食い込み、(スポーツに関わる形で)三通りの少数者としての少女を取り上げるという構造を持っており、日本におけるマイノリティの問題を一度に刺激する形となった。

 

一混血としての感想

筆者もハーフ(混血、アイノコ、ダブル、ミックス……etc)と言う出自を持つ上で、広告映像を見ながら、色々なことに思いを馳せた。筆者も、この映像の、言わば直接の射程の中には入っていると言って良いだろう。

映像では、恐らく一般的な日本人としての少女と、アフリカ系と日本人との間に生まれたハーフの少女と、在日韓国・朝鮮人の出自を持つ少女が、日常的に取り巻かれるトラブルや差別的な出来事に巻き込まれつつも、スポーツを通して活躍を始めていく姿が描かれている。

改めて何度か確認したが(食事の風景など興味深い場面は多くある)、アカデミックな視点やそれぞれの出自の違いなどにかかわらず、日本に生きる一混血としては、この広告を肯定的に受け止めたいと思っている。

だが、また同時に、それはナイキと言うメーカーが例えば全面的にクリーンな企業であると言うことを意味する訳でもない。

宮下公園を巡る問題や、グローバル企業として付きまとう労働環境の問題、後述するがスポーツあるいは華々しい商業的な手段と少数者を巡る多くの出来事も同時に思い出されるし、現に多くの人が言及している。