食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、音楽界の“グルメ番長”ホフディランの小宮山雄飛さん愛用の調味料が登場。この調味料と相性のいい料理が幅広すぎることに驚くこと必至です!

小宮山さんが今までに紹介したグルメはこちら▶︎

独自の配合でブレンド!
ハリッサから着想した調味料

雄飛さんがオススメする調味料は「エキゾチックチリソース」。名前から美味しそうな雰囲気を漂わせていますが、お話を聞いていると……。「自分のお店の話で恐縮なのですが……」とポツリ。

そう、こちらのチリソースを販売するきっかけとなったお店「レモンライス東京」のオーナーこそ、小宮山雄飛さんご自身なのです。

僕がやっている渋谷のレモンライス専門店『レモンライス東京』で、トッピングの辛味ソースとして人気だったエキゾチックチリソース(通称エキゾ)を瓶詰で売り出しました。開店当初から『これだけ売ってください!』と要望が多かったんです」

瓶入りエキゾチック チリソース 70g ¥800(税込み)

エキゾを語る前に、まずレモンライスのお話を。

南インドの家庭料理を日本流にアレンジし、オリジナルで作ったレモンライスは、爽やかな香りが特徴。そのまま、チキンカレーソース、付け合わせと楽しみつつ、最後はすべてを混ぜて食べる……と一度で様々な味を楽しめる料理です。

レモンライス ¥800(税込み)

エキゾは、“味変”にひと役買う付け合わせのひとつ。チュニジアの唐辛子調味料「ハリッサ」からヒントを得て、ニンニク・唐辛子・クミン・キャラウェイ・パプリカ・オリーブオイルなど独自の配分でブレンド。辛味とコクを加えてくれます。

エキゾチックチリソースを作るにあたってこだわったのは、やはりレモンライスありきであること。

「レモンライスの風味を消してしまってはいけないので、香りの成分となるニンニクやクミンの配分を細かく計算して作りました。

また辛すぎると唐辛子の風味を味わえなくなるので、唐辛子と同量のパプリカパウダーを混ぜることで、辛さを抑えつつ風味だけを強くするなど、香辛料のそれぞれのバランスを何度も試作しました。

お店で出す際も、レモンライスの一杯の量にちょうどいい量だけを添えています」

その“ちょうどいい量”で配分を考えた結果、「レモンライスに限らずホントになんでも美味しくしちゃう魔法の調味料になりました」と、そのポテンシャルの高さに胸を張ります。

「辛さや匂いを主張しすぎないベストなバランスになったので、メインの料理の風味を生かしたまま、香りや辛味をプラスできるものに仕上がりました。

エキゾチックという名の通り、クミンやキャラウェイの香りでアジアや南国的な風味があるのですが、実は納豆や味噌汁、さらにインスタントラーメンなど日本の日常の食卓の料理に入れてもめちゃ美味しい

個人的なおすすめは『TKG with E』、すなわち卵かけご飯とエキゾチックチリソースです。箸が止まらなくなる旨さです。一番最近はポテサラにONしましたが、これもまた美味。みなさんお試しあれ!」

瓶入りエキゾチックチリソースは、レモンライス東京の店頭はもちろん、オンラインストア(https://currylife.official.ec/)でも購入可能

レモンライスも販売しているので、お店に行けないという方もこれを機に食べてみてはいかがでしょうか。

レモンライス東京
東京都渋谷区桜丘町15-19
☎080-9650-3210
営業時間:11:30~14:00頃 ※売り切れ次第終了
定休日:日・祝
https://lemonrice.tokyo/

PROFILE

小宮山雄飛 Yuhi Komiyama
ミュージシャン。ホフディランのヴォーカル&キーボード。音楽活動の傍ら、日本初のレモンライス専門店『Lemon Rice TOKYO』を渋谷にオープン。自身が生まれ育った渋谷区の観光大使もつとめる。2020年11月より渋谷区初のCEO(Chief Eat Officer)に就任した。

Illustration:YUGO. Composition:Seiki Ebisu