どんなに正確な時計でも場所を変えると時間がずれてしまう理由――現役東大生のサイエンス入門

「時間」と「相対論」の不思議な関係
東京大学CAST プロフィール

浦島太郎と相対性理論

そう、浦島太郎のお話と似ていますよね。そのため、日本ではこの現象のことを「ウラシマ効果」なんて呼ぶこともあるそうです。

では最後に、浦島太郎についても相対性理論を当てはめて考えてみましょう。浦島太郎の物語は、何日間か竜宮城にいただけのつもりが、村に戻ってみると何十年も経っていたというものでしたね。ここでは、5日間しかいないつもりが50年経っていたとしましょう。

どのくらいの速さで動けば、こんなことがありえるのでしょうか。

計算をしてみると、竜宮城や竜宮城に連れて行ってくれた亀が光の速さの99.999996%の速さで動いていたならば、浦島太郎のストーリーは可能になります。とはいえ、これだけでは最後の玉手箱のくだりは説明できませんし、そもそもそんな速く動くことができるのか? とも思われることでしょう。

Photo by Matteo Colombo/gettyimages

ですが、作り話だと思っていた浦島太郎がもしかしたら本当に起こりうる話なのかもしれない!? と考えてみることは面白いですよね。

このように、相対性理論による時間の遅れは、時間旅行やタイムスリップと近い現象を説明してくれます。そのため、様々なSF作品や漫画の中に取り入れられており、中には浦島太郎を題材にした作品もあるようです。

また、相対性理論によると、「動いているものの長さは短くなる」や「重力は光を曲げる」など、他にも様々な不思議な現象が起こります。

相対性理論は難しい言葉の代名詞のように思えるかもしれませんが、SF作品や不思議な現象を入口に考えてみるのはいかがでしょうか。

* * *

2020年11月に開催されたオンライン駒場祭にて公開した動画では、時計の歴史について解説しています! ぜひこちらもご覧ください。

昔の時計には今とはかなり違うびっくりするようなものがたくさんあります。いろいろな時計を時間の流れに沿って見ていきましょう!

時計が見える!? 時計の歴史をウォッチング!

関連記事