# 結婚 # 婚活

「価値観が同じ人」との結婚が幸せとは限らない!パートナー選びで「本当に大事な条件」

五百田 達成 プロフィール

意外と大事な「コンディション」

もちろん、家事や仕事をしながら会話をするのもよくありません。

Photo by iStock

話している側からすると「ないがしろにされてる感」が強く不満です。本気で話し合いをしようとするなら、「片手間」はNG。

わざわざ「カフェ会議」を開くのは、ちょっとコストがかかりますが、それに見合うだけのリターンはあります。

夫婦の話し合いがどうもうまくいかない理由として、「お互いのコンディションが万全でない」も考えられます。どちらかが疲れている、睡眠不足、体調が悪いなどの場合は日を改めるべき。

さらに言えば、基本的な話し合いのマナーを守るのも大事です。最も気をつけたいのは、大声を出さないことでしょう。

意見が合わないと、ついヒートアップし大声を出してしまう人がいますが、これは「話し合うつもりがないです」と言っているようなもの。

もし相手が怒鳴ってきた場合、「ちょっと大きな声出さないでよ」と応戦するのは得策ではありません。「は? 出してないよ、普通だよ」とさらにヒートアップしてしまう可能性があります。べろべろに酔っ払っている人もそうですが、大声を出している本人はそのことに意外と気づいていないのです。

 

ここはあえて小声で静かに「うん、それもわかるんだけどね」と会話を進めましょう。

そうすれば相手もつられて「そ、そうだろう?」と声を小さくします。

関連記事